DIY

工作あそび&室内でアクティブに遊べる!子供が喜ぶ「紙皿輪投げ」の作り方

家に使い残した紙皿はありませんか?紙皿を使って、子供が元気に遊べるオモチャを手作りしましょう♪輪を投げて、ポールに投げ入れる「輪投げ」は、雨の日もアクティブに室内で遊ぶことができるゲームです。輪投げを家にある物を使って工作遊びをしたあとは、みんなで輪を投げ入れて楽しく遊びましょう♪紙皿やペットボトル、ラップの芯などを活用して、低コストにDIYできますよ。紙皿輪投げの作り方をご紹介します!

輪投げを作ろう

ゲームの定番、輪投げは、室内でもアクティブに遊べるおもちゃです。
輪投げは100円ショップで売っている紙皿を使って、簡単に手作りできますよ。
子供と一緒に工作遊びして輪投げを手作りした後は、輪投げのゲームをして盛り上がりましょう。

紙皿を色ぬり♪

作り方はとても簡単です。
紙皿の中心をハサミやカッターで切り抜いたあと、絵の具やマジックペンで色を塗りましょう。
たったこれだけで輪投げの輪が作れます。

完成!

色を塗り終えたら、早速輪投げをして遊びましょう♪ 使い切ったラップの芯を立てれば、輪を投げ入れるポールになります。

色分けで難易度アップ!

輪投げ上級者さんは、色分けして遊ぶ方法もあります。
輪と同じ色のポールを狙って投げるのは、大人でも案外難しいですよ。

紙コップを使おう

ラップやトイレットペーパーの芯のほかに、紙コップを逆さに立てることでもポール代わりになります。
紙コップを遠くに設置すれば、さらに輪を投げ入れるのが難しくなりますよ。

ペットボトルでもOK!

飲みきったペットボトルの中に重りになるように水や砂を入れて立たせるアイデア。
お家に紙皿や紙コップのストックがなくても、100円ショップでパック入りになったものが手に入るので、材料費がほとんどかからないのも魅力的ですね。
雨の日も室内で子供と一緒に楽しく遊べるので、ぜひ手作りしてくださいね。
Share:
yoshiko