DIY

流行りのチョーカー風にアレンジできる!「コードネックレス」の作り方5選

ひもを首にクルッと巻いて身につける「コードネックレス」をご存知でしょうか?冬に首に巻きつけるマフラーのように、巻き方次第で自由にアレンジ方法が楽しめるネックレスです。緩めてつければロングネックレス風に、また、首にぎゅっと結びつけるようにすれば、流行中のチョーカー風にアレンジできますよ。DIYも簡単なので、ぜひ手作りしてみましょう♪コードネックレスの作り方と、身に付け方のアレンジ方法をご紹介します!

シンプルな「コードネックレス」がおしゃれ!

コードネックレスは、ひもをくるっと首に巻くだけのシンプルなネックレスです。
ひもがあれば、お家で簡単に手作りできます。
さらに巻き方次第で、流行のチョーカー風にも、ロングネックレス風にもアレンジできますよ。

①結ぶだけ

コードを首にキュッと結ぶアレンジ方法です。
チョーカー風になるので、首の開いたトップスに似合いますよ。
ひもの中心や先にビーズを通してアレンジするとおしゃれです。

②マフラー風に巻く

マフラーのように、首にくるっと巻いてかけるだけでもOK。
前開きのカーディガンやシャツなどを羽織って、サイドで揺れるコードのラインと合わせるようにコーディネートするのがオススメです。

③リングに通す

ひもの一方にリング、もう一方に大きめのモチーフをつけて、リングの輪の中にモチーフを通すように身につけましょう。
個性的なネックレスは、シンプルな服からクセのある服まで、意外とどんなファッションにも合わせやすく重宝します。

④ビーズなら長さ調節も可能

大きめのビーズで束ねるようなタイプのコードネックレスは、輪の大きさをファッションに合わせて調節できるのがメリットです。
ひもを首元でぎゅっと絞ればチョーカー風に、緩めればロングネックレス風にアレンジできますよ。

⑤大きめのストーンを重りにする

ひもの先に大きめのストーンをつけると、重りでユラユラと揺れておしゃれですよ。
ターコイズなど、存在感のあるストーンをアクセントにつけるとファッションのポイントになります。
巻き方次第でいろいろな身につけ方が楽しめるコードネックレスを、ぜひ手作りしてみてはいかがでしょうか?
Share:
yoshiko