DIY

お古タンクトップがキュートに生まれ変わる♡「キャップスリーブ」の作り方

手持ちのシンプルなタンクトップを、簡単なアイデアでキュートにリメイクできるのをご存知ですか?肩の上に少しかぶる程度の短い袖「キャップスリーブ」は、はぎれ布やレースなどを使って簡単につけられます。とても簡単で材料費もほとんどかからないので、隙間時間に簡単にリメイクできますよ!スポーティーな印象を残しつつ、女性らしさを簡単にアップできます。夏にぴったりなキャップスリーブの付け方をご紹介します!

タンクトップを可愛くリメイクしよう

袖のないタンクトップは、涼しくて動きやすくて快適ですよね。
また、価格も安いところが魅力的です。
シンプルなタンクトップに「キャップスリーブ」という袖をつけてアレンジするのが、今流行しているのをご存知でしょうか?

肩が少し隠れるくらいがベスト!

このように、キャップスリーブは、肩に帽子のキャップをかぶせるようなイメージで、肩の上半分が隠れる程度の短めの袖のことです。
タンクトップの動きやすさは残しつつ、Tシャツのような軽い感覚で切れるのがポイントです。

メジャーで長さを測ろう

まず、手持ちのタンクトップをメジャーで測り、上半分の長さを算出しましょう。
袖にしたいレースやはぎれ布を、測った2倍の長さになるように切ります。
細めの半円形になるようにカットしましょう。

縫い付けよう

まち針で仮止めした後に糸でしっかりと縫い付けます。
タンクトップと同色のレースだと、馴染みやすくエレガントな印象になりますよ。

タンクトップがキュートに変身♪

小さな布を少し縫い付けるだけで、タンクトップがこのようなキャップスリーブの洋服に大変身します。
スポーティーな印象のタンクトップに、女性らしいエレガントさが加わりますよ。

流行の花柄

今夏流行中の花柄の生地のキャップスリーブを縫い付ければ、旬なファッションが楽しめるアイテムが簡単に作れますよ。
ストールなどを羽織れば、春から初秋にかけて着れます。

ギャザーの重ね付けもおすすめだよ

さらに、このようにスリーブを重ねづけすることもできます。
袖の長さを調整しやすいので、程よい肌見せができますよ。
ぜひタンクトップをリメイクして、キャップスリーブのお洋服を手作りしてみてはいかがでしょうか?
Share:
yoshiko