DIY

あえての「塗り残し」がオシャレ♡マスキングテープを活用したペイント術

色や柄が豊富なマスキングテープは、小物のデコレーションにとっても便利。ペタペタと貼って使う印象の強いマスキングテープですが、本来はペイントするときに使うテープだとご存知でしょうか?貼ってはがせる性質を活用して、絵の具がはみ出ないように塗るためにカバーをしたり、ラインを残したりできるんですよ♪あえて塗り残しの部分を作って、おしゃれな雑貨を手作りしてみましょう。マステの活用方法をご紹介します!

マスキングテープでグリッドを作ろう

色がくっきりと塗り分けられたキャンバスは、壁に掛けるとお部屋をクールに見せてくれます。
何も使わずに塗り分けようとするととても難しいですが、マスキングテープを活用すれば誰でも簡単に色を塗り分けられますよ。

マステを貼ってからペイントするだけ

色を区切って塗り分けたいときは、まずマスキングテープでグリッドを作ります。
その上から絵の具をペイントして、乾いてからテープを剥がします。
すると、キレイな塗り残しが簡単に作れるので、パキッとしたグリッドが誰でもすぐに描けますよ。

古い板を立てかけよう

古い板にテープを貼ってから、お部屋のメインカラーや、そのカラーと相性のいいカラーをペイントします。
立てかけて飾れば、おしゃれなインテリアになりますよ。

空き瓶にライン模様を入れよう

空き瓶にクルンとマスキングテープを貼り、ラインを作ります。
上からアクリル絵の具を塗って、乾いたあとにテープを剥がせば、おしゃれなストライプ模様の入ったビンをDIYできますよ。

鉢を可愛くリメイク♡

100円ショップで売っているシンプルな無地の鉢も、マスキングテープと絵の具を使ってリメイクすれば、こんなにオシャレ。
材料をすべて新しく買っても、100円ショップで揃えれば計300円程度で済みます。

スイッチカバーを工夫しよう

シンプルなスイッチカバーにライン模様を入れれば、カッコいいデザインになります。
お部屋の雰囲気に合わせたカラーや模様を意識してリメイクしましょう。
ぜひマスキングテープを活用して、塗り残しを活かしたおしゃれなデザインを作ってみてくださいね。
Share:
yoshiko