DIY

ウェディングにバースディパーティに活躍!ロゼットを自分で作ってみたい

お子様のバースディや、お友達のウェディングパーティに、一からロゼットをハンドメイドしてみたいと思ったことはありませんか?実は100均材料を使って、ロゼットは自分で作れてしまうのです!しかも意外にも簡単です。人気のボックスプリーツのロゼットの作り方を解説していきますので、ぜひ参考にして、パーティを華やかに演出するロゼットをDIYしてみてはいかがでしょうか?

材料をそろえます

*25mm幅のサテンリボン *くるみボタンにする、お好きなプリント生地 *38mmのくるみボタンキット *高さ6cmの間仕切り板 二枚 *厚紙 *グルーガンかボンド *はさみ *針と糸 *ブローチピン リボンとプリント生地、ブローチピンは手芸屋さんで。
あとのものはほとんど、家にあるか100均ショップでそろいます。

くるみボタンを作ります

まずはくるみボタン作成キットを使って、説明書通りにくるみボタンを作ります。
「Bride」「Birthday」など、文字の描かれたプリント布もあるので利用すると良いでしょう。

土台を作ります

厚紙をおよそ直径5cmの円形にカットします。
サテンリボン二本で、ロゼットのテール部分を作り、厚紙に貼ります。

間仕切り板を使っていきます

ここで、秘密兵器の登場です! ダイソーやセリアで買える、収納道具の「仕切り板」を使います。
三枚入りのうち二枚を、画像のようにずらし重ねて持ちます。

リボンを折っていきます

リボンの折り方は、画像を見てください。
二枚の板に交互に引っ掛けて、プリーツを作っていきます。

端を縫います

10山を目安に、プリーツを折ります。
指差した端っこの部分を、手縫いでざくざく縫ってください。
隠れるところなので適当に縫っても大丈夫ですよ。

板を外します

そっと板を抜けば、なみなみのきれいなボックスプリーツに折りあがりました。
次のページを読む
1 2
Share:
yuu100555