インテリア

雨の日もお部屋が明るくなる!インテリアになるペーパークラフト傘の作り方♪

梅雨の季節など、雨が降っている日はジメジメしてしまって、なんだか元気までなくなってしまいますよね。そういった日はお子さんもお外に遊びに行けなくて、つまらないと感じているのではないでしょうか。そんな時には、楽しいペーパークラフトで工作遊びを楽しんでみませんか? 可愛らしい傘を作って部屋の中に飾り、晴れやかな気分になりましょう。材料はどれも100円ショップで入手できるものばかりですから、お気軽に挑戦できますよ。

外に出られない雨の日は家で工作遊びを楽しもう!

image by PIXTA / 23291355

雨が降っていると、遊びたい盛りのお子さんもお外に遊びに行けないので、雨の日は必然的にお家の中で遊ぶことになってしまいますよね。
でも、ゲームばっかりするのも何だかな…といったところなのが親の本音です。

そんな時には、ペーパークラフトで工作遊びをしてみるのはいかがでしょうか?

今回ご紹介するのは、単純な材料で簡単に作れる可愛らしい「傘」のペーパークラフト。
晴れになれという願いを込めて、てるてる坊主と一緒に飾ってみるのもおすすめですし、贈り物にも向いていますよ♪

まずは材料のご紹介!全部100均商品でもOK♪

可愛らしい傘のペーパークラフトに必要な材料は以下の通りです。
「太さ2.5mm長さ18cmのワイヤー」「色画用紙」

そして必要な道具はこちら。
「のり」「はさみやカッター」「ペンチ」「グルーガン」「グルースティック(クリアカラーのものがオススメ)」「直径8cmの器」「えんぴつ」

ペンチやグルーガンを使う時は、小さなお子さんには危険ですので大人が代わってあげるのがいいでしょう。
特にこだわりがないのであれば、どの材料も100円ショップで揃えたものを使ってOKですよ♪

#1 色画用紙を器にそってカットしていきましょう

ここからは、さっそく作り方をお届けいたします♪

まずはえんぴつを使って、色画用紙をカットするための下書き線を描いていきましょう。
色画用紙に器をあて、器に沿うようにしてえんぴつでラインを描いてみてください。
すると、直径8cmの円が描けるかと思います。

下書き線が描けたら、そのラインに沿ってハサミでカットしていきましょう。
12枚ほどカットすることになりますので、色画用紙を何枚か重ねて一気に切ってしまうと効率がいいですよ。
この枚数が多いほど、傘のひだが細かくなりますので、好みに応じて調節してみてくださいね。

そして、カットした色画用紙をすべて半円状になるよう折っていきます。

#2 色画用紙をさらにもう1度折っていきます

次に、半円状に折った色画用紙をさらにもう一度折りましょう。
円状だった色画用紙が4分の1の円になるまで折ったら、他のものも全て同じように、それぞれ丁寧に折っていきます。

ここまで完了したら、色画用紙の準備はオッケー。
次からは、いよいよのり付けの作業が始まります。
そうなるとグッと傘らしさがアップしますから、楽しくなってきますよ♪

#3 折りたたんだ色画用紙をのりで貼りましょう

折りたたんだ色画用紙を一度半円の状態に戻して、画像のように内側にのり付けします。
そして再び折りたたんでくっつけましょう。
その作業を全ての色画用紙に行います。

次に4分の1状態になったままで、今度は外側にのり付けをしていきます。
この時、全面をしっかりと貼り付けてしまうと、傘のひだが開きにくくなってしまいますから、少し内側にのりをつけるよう注意してみてください。

ひだの間を指で開くようにするときれいなものができます。
また、少し貼るごとに開いて確認するとうまくいきますよ♪
次のページを読む
1 2
Share:
コトノ