DIY

今シーズンも大注目!裏表のあるリボンベルトの上手な結び方♪

今シーズンもウエストマークできる幅広リボンベルトや、共布ベルトのパンツやスカートなどがたくさん出ています。とってもかわいいのですが、裏表のあるリボンベルト、うまく結べていますか?裏側が見えていたり、たて結びになっていたりはしていないでしょうか?今回は、上手なリボンの結び方をご紹介したいと思います。

失敗例

このようになることも多いはず! たて向きになっているし、上側のリボンは裏が出てしまっています。

正しい結び方をおさらい!

最初に、リボンは完全にほどいておきましょう。
片結びをします。
上にくる、結ぶほうのリボンは裏側が出るように。
左のリボンで、輪を作ります。
右側のリボンを上からかけて、巻き始めます。
丁寧に巻いていってください。
普通の裏表のないリボンでしたら、蝶結びをすればよいのですが、今回は表裏のあるリボンなので「リボン結び」をします。
画像のように、二回巻く方法です。
二回目の巻き目を、一回目の巻き目にくぐらせます。
こうすると正面から見たとき、すべての面が表になります。
次のページを読む
1 2
Share:
yuu100555