DIY

狭い洗面所もアイデア次第で快適♪バスルーム・ユニットバスの収納術7選

タオルや化粧水などのスキンケアアイテム、ブラシや綿棒など、洗面所やバスルームは特に収納しなければならないものが多いスペースです。特に一人暮らしの場合だと、コンパクトなユニットバスのケースが多いですよね。アイデア次第で、安く売っているものを組み合わせながら収納スペースを増やせますよ♪しかも、どれも簡単にできるものばかり!狭い洗面所やバスルームに収納場所を増やすテクニックをご紹介します♪

ドアを収納に活用しよう!

収納場所のあまりない洗面所で、見過ごしがちなのが脱衣所のドア。
開き戸の内側に棚を取り付けて、スキンケア類の小物入れとして活用しましょう。

取っ手をつけてタオル掛けに

顔をふくフェイスタオルや、大きなバスタオル、手をふくハンドタオルなど、バスルームはタオル類をかけられる場所が多くあると便利。
ドアにアイアンウォールバーを取り付けて、タオルハンガーを増やしましょう。

ドアの上に棚を設置しよう

ドアの上は、扉の開け閉めの方向や引き戸の場合なども関係なく、収納に活かせるスポットです。
棚を取り付けて、使う頻度の少ない小物や特別な日だけのボディケア剤などを置きましょう。

ウォールポケットが便利♪

メッシュやビニール素材のウォールポケットは、特にユニットバスの収納に大活躍してくれます。
シャワーカーテンの部分に吊るせば、ブラシやボディソープなどを収納できますよ。

使わない引き出しを再利用!

ボトル類などの小物を収納する棚や箱を新しく購入しなくても、家にあるいらない引き出しを代用できます。
引き出しを壁面に壁付けすれば、おしゃれなウォールシェルフになります。
また、床や棚の下に置いて収納ボックスとして使うこともできますよ。

二段重ねの棚を作ろう

プレートとキャンドルスタンドを組み合わせて、二段重ねの収納をDIYすれば、下段に綿棒やコットン、上段にタオルを収納できます。
省スペースでおしゃれに見える収納アイテムです。

蛇口の上にはコの字型の棚を

蛇口のある部分にも、ハンドソープなど置きたいものがいっぱい。
そんなときは、コの字型の棚を用意して、蛇口の上をまたぐように設置しましょう。
こうすることで、蛇口の上の部分にもものを置けるスペースを増やせます。
いかがでしたか? ぜひ参考にして、自宅の洗面所やバスルームの収納スペースをうまく増やしてくださいね。
Share:
yoshiko