DIY

DIYでここまで変わる!ホームセンターのミニハウスを趣味部屋に改造♪

自分だけの趣味部屋が欲しいと思っても、そう簡単に一部屋増やすことなんてできない。そう思っていませんか?ホームセンターにも売っていて、敷地さえあれば設置できる「ミニハウス」があればそんな夢も叶えられますよ!今回はCAINZ鶴ヶ島店さんに協力していただき、ミニハウスをDIYでどこまで素敵にリフォームできるかチャレンジしてみました!

完成までを動画でチェック!

床、壁、棚、机を中心にミニハウスの中をガラッとリフォーム。
DIYだけでここまでできました! それでは、実際どんなことをやったのか見ていきましょう!

展示中の時点ではこんな感じ

DIYの舞台となるのは、CAINZ鶴ヶ島店のエクステリア館に展示されている「オリジナルミニハウス」。
広さは5帖と1人部屋としては十分な広さ!ただ、内装は薄い花柄のような壁紙に、淡いカラーのフローリングでもちろん家具類はありません。
シンプルだからこそDIYのしがいがありますね!

まずは床の質感とカラーを変える!

部屋の雰囲気をガラッと変えるには、まずは面積の大きいところに手を加えるのが基本! 「貼れるフローリング」を使って淡い色だった床を、ダークトーンで落ち着いた色合いへとリフォーム。

壁紙をシンプルなものに張り替え!

次にやったことは壁紙の張り替え。
張り替えといっても、「壁紙の上から貼れる壁紙」を使ったので元の壁紙はそのままです。
壁のつなぎ目には、床の色と合わせて濃いめの色を木目テープ貼って、アクセントとして活かしました!

汎用性を考えた棚を設置

ミニハウスの壁は、さすがに住宅の壁と比べると薄いので、壁に直接飾り棚を作るのには不向き。
そこで、ホームセンターで簡単に手に入る木材「ツーバイフォー(2×4)」と、つっかえ棒の要領でツーバイフォーをしっかり固定できる「ディアウォール」を使ったクギを打たない飾り棚を作りました!
カラーリングはコチラも床と合わせたウォルナットで! 塗装に使ったビンテージワックスは、液体塗料よりも扱いやすいのでオススメですよ♪

作業机をDIY!

やっぱり机は必要だということで、作業机作りへ。
使ったのは天板1枚、鉄脚4本、ビンテージワックス(エボニーブラック)。
CAINZには、天板や鉄脚など、机が簡単に作れる素材がパーツごとに打っています。
これを自分好みに選んでカスタムすればイメージ通りの作業机が簡単に手に入りますよ♪
次のページを読む
1 2
Share:
CRASIA編集部