インテリア

文具やキーホルダーに使うリング☆残り布と刺繍糸の可愛いボタンの作り方

文具店などで売ってる2重リング。書類の整理に使ったり、キーホルダーに使ったりと大活躍ですね。 そんなリングで可愛い布のボタンが出来ちゃうんですよ。 刺繍糸の縫い目って手作りの味が出て素敵♫ 裏に糸でフックも付けたら洋服やバックに付けたり、アクセサリーにしても◎。 自分の好きな布のボタンを作りましょう♫

このハンドメイドに必要な材料

  • 2重リング(3個)
  • 布 3種類(適量)
  • 針と糸(適量)
  • 刺繍糸(適量)
  • フェルト(1枚ずつ)
  • 毛糸(適量)

このハンドメイドに必要な工具

  • ハサミ(1本)
  • ペン(1本)

残り布で作れます

家に眠っているハギレで気軽に作りましょう! 毛糸もお好きなものを用意し、リングの大きさはお好みでどうぞ♫

リングに毛糸を絡めます

①リングのままだとボタンにした時に丸みがなく、ボリュームもないために毛糸を巻きます。
②1周ぐるりと巻き、最初と最後の糸でしっかり結んで、切ります。
切り口は裏にします。

布を切ります

③お好みの布をリングよりも大きめの円にして切ります。
布の裏にリングの表を置きます。

縫い縮めます

④円に切った布の内側5㎜の辺りをぐし縫いします。
そのままボタンに合わせて糸を引き縮めます。
⑤交差させながら縫いとめます。

刺繍糸でステッチを入れます

⑥お好きな刺繍糸を3本どりにして、返し縫いしながらステッチを入れます。
手縫いは手作りの温もりを感じますよね。

裏にフェルトを縫います

⑦リングよりも一回り小さくフェルトを切ります。
⑧裏側にまつり縫いしていきます。

フックを付けます

⑨ボタンとして使う場合は、付けやすいようにフックを作ります。
⑩ペンなどを土台にして毛糸を2回ほど巻きます。
足下からクルクル絡めていきます。
これで完成!
次のページを読む
1 2
Share:
morinobenchi