DIY

身近なものを活用すれば簡単♪おしゃれなネイルアートの作り方アイデア5選

自宅で複雑な模様のネイルアートをするのは、とても難しそう…と思っていませんか?実は、身近にあるアイテムを活用すれば、難しいと思っていたネイルアートが簡単にセルフで描けるんですよ♪100円ショップで売っているものや日用雑貨を活用して、ドット柄やストライプ、抽象的でアートな模様など、いろいろなデザインのネイルアートが簡単にできます!誰でも簡単にできるネイルアートのアイデアをご紹介します!

ヘアピンでポンポン

ドット模様を描きたいときは、先が丸くなっているタイプのヘアピンがあると便利です。
マニキュアをヘアピンの先に塗って、爪にポンポンとするだけでキレイなドットが作れますよ。

可愛いドットが作れるよ♡

ドット柄の爪は、ガーリーでおしゃれで、どんなタイプのファッションとの相性もいいので人気のアレンジです。
この方法を覚えておくと、サロンに行かなくても簡単にキレイなドットがお家で作れるので、爪先のおしゃれを気軽に楽しめるようになります。

テープ技を覚えよう

ストライプなどの、直線での色の切り替えが必要なデザインのネイルアートは、テープを使うと便利です。
はがれやすいテープをさらに一度洋服などに貼り付けて、粘着力を落とします。
爪に貼ってからマニキュアを塗り、乾いたらテープを剥がすと、ぱりっとした仕上がりになります。

蛍光ペンで抽象模様をつくろう

マニキュアの上に蛍光ペンを塗ると、にじみができます。
その性質を逆手にとって、抽象的な模様を作りましょう。
最後にトップコートを塗ってカバーすれば、不思議な模様が作れますよ。

「歯間ブラシ」でマーブルストライプ♪

歯と歯のあいだの汚れをとるための歯間ブラシの糸は、水分を吸い込みにくくなるようにワックスでコーティングされています。
マニキュアを糸に塗って、爪の表面に当てると色を転写できますよ。
細くて繊細なボーダーをキレイに描けるアイデアです。

「歯ブラシ」でドロッピング風

歯ブラシの先にマニキュアを取り、爪の上に軽くポンポンと色を置きます。
ドロッピングをしたような、かっこいいネイルアートが簡単に作れますよ。
身近なアイテムを活用して、おしゃれなネイルアートを楽しんでくださいね。
Share:
yoshiko