DIY

ロープ+板で簡単に作れる♪収納に便利な「ハンギングシェルフ」をDIY!

壁面収納に必要な棚を、とてもお手軽に手作りしてみませんか?釘などを壁面に打たなくては設置できないものも多いですが、ロープで吊るハンギングタイプの棚なら、フックがあるだけでOK!コートハンガーや壁面の突起、天井の柱などにロープを引っ掛けて棚を吊るせますよ。スリムで場所を取らず、どこにでも設置することができます!シンプルなデザインなので、どんなテーマのお部屋にもぴったりです!

ロープ+板+フックで壁面収納棚を手作り!

壁面収納に必要な棚を、取り付けるのは難しいですよね。
そんなときは、ホームセンターに売っているロープ+板で手作りしてみませんか? スリムで簡易的な収納スペースの確保に便利ですよ。

輪を作って留めるだけ

設置の仕方はとても簡単です。
ロープをフックに引っ掛けて壁面に取り付けたあと、板を引っ掛けて設置するだけ。
引っ掛ける方法は、棚に結びつける形でも、このように輪を作って通す形でもOKです。

ハンギングシェルフの作り方

棚板に穴を開けるのは、電動ドリルなどがあれば簡単です。
もし難しくても、ホームセンターの工房で開けてもらうことができますよ。
ロープに使うヒモは丈夫なものを選び、棚板は薄すぎない方が反りが少ないので安定します。

シンプルでお部屋に合わせやすい

とてもシンプルな造りの棚になるので、どんなお部屋にも似合います。
ナチュラルなお部屋にはもちろんのこと、白い板と黒いロープを選べばモノトーンで統一したシャープなお部屋にも設置できます。

レザーで大人っぽくアレンジ!

ロープ部分を、しっかりと厚みのあるレザー生地で代用するのもおすすめです。
太めに幅を取って、輪に通すように棚板を引っ掛けましょう。
レザーを棚板を裏側からビスなどで留めておけば、板がズレる心配もありません。

箱もOK♪

板だけじゃなく、木箱になっているタイプのものもつり下げることができます。
これなら、深みがあるのでものをたくさん収納することができますよ。
プチプラで材料が揃えられるので、とてもお手軽です。
ぜひDIYしてくださいね。
Share:
yoshiko