DIY

外国風の雰囲気が作れる!「窓枠」をインテリアに活用する6つのアイデア

アンティークの家具を扱っているショップなどでよく見かける窓枠を、自宅のインテリアに取り入れてみませんか?窓枠を飾るだけで、センスのいいヨーロッパ風のお部屋が完成します♪アンティークの窓枠がなくても、ホームセンターで売っている幅木を組んで塗装すれば、簡単に窓枠風のインテリアを手作りできます!床に立てかけたり、壁に掛けたりなどして上手に使い回しましょう。窓枠のインテリアへの取り入れ方をご紹介します。

①壁に掛けよう

窓枠を、窓のない壁にウォールインテリアのように掛けましょう。
リースや観葉植物で飾れば、ぽっかり開いていた壁がにぎやかになります。

②卓上に立てかけよう

軽めの木枠の窓は、玄関などの卓上に立てかけて飾るとおしゃれです。
カフェカーテンをつけて、窓の雰囲気を残しているところがナチュラルで素敵ですね。

③カーテンをつけてみよう

窓を覆うカーテンのように、ガンタッカーなどで布を上部に取り付けて、タッセルでサイドにまとめましょう。
おしゃれなフェイクの窓のインテリアを飾ることで、お部屋に温かみが生まれます。

④外の景色を描いて遊ぼう

窓枠をかけた壁に、外の景色を連想させるような樹木や、鳥の絵を描き加えてみましょう。
壁に直接描くよりも、マスキングテープを切って形を作って貼れば、現状復帰がラクチンです。

⑤収納に活用!

窓枠に金網やフックを取り付ければ、引っかけ収納ができます。
キッチンの壁に取り付ければ、おしゃれなインテリアでありながら、便利な壁面収納としても活用できますよ。

⑥写真をはめ込もう

窓枠のサイズに写真や雑誌のグラフィックなどをカットして、枠越しに見えるように裏側から取り付けます。
窓越しに見える写真がおしゃれで、ヨーロッパのようなインテリアになりますよ。
窓枠は、ホームセンターで売っている木の棒などを組み立てて簡単に作れます。
ぜひインテリアとして取り入れてみてくださいね。
Share:
yoshiko