DIY

赤ちゃんの手足を思い出に残そう!プラ板キーホルダーのDIYアイデア♪

赤ちゃんの小さな手足を使って、可愛いキーホルダーを手作りしませんか?スタンプのようにペタンとするだけで残せる手形は、どんどん成長していく赤ちゃんの記録を残すために有効です。プラ板にペタンと手のひらをスタンプして、小さな手形のキーホルダーを作りましょう♪熱すると縮むプラ板は、小さな手形がさらに小さくなるので、キーホルダーサイズに最適なんですよ。プラ板キーホルダーのDIYアイデアをご紹介します!

赤ちゃんの小さな手足を残そう

赤ちゃんの小さな手足は、大人のものとは比べ物にならないくらいに繊細で柔らかく、いつまでも守ってあげたくなりますよね。
どんどん大きくなる赤ちゃんの成長を記録するために、赤ちゃんの手足をかたどった雑貨を手作りしてみませんか?

キーホルダーを作ってみよう

赤ちゃんの手をスタンプした、手形のキーホルダーを作りしましょう。
100円ショップで売っているプラ板を使って簡単に手作りできますよ。

小さな手のひらがさらに小さくなる!

プラ板は熱すると小さく縮む性質があるので、赤ちゃんの小さな手のひらが、さらにミニサイズになります。
可愛い手のひらのキーホルダーを鍵につければ、家に帰るのがより待ち遠しくなりそうですね。

プラ板に手のひらをペタン!

赤ちゃんの手のひらに塗料を塗って、プラ板にスタンプのようにペタンとするだけ。
あとは、手のひらの輪郭に沿ってハサミでチョキチョキとプラ板を切ってから熱すれば完成です!

輪郭線を取るだけでもOK

赤ちゃんの繊細な肌に、塗料をつけるのにためらうなら、ペンで手形の輪郭線を取るだけでも大丈夫です。
中を塗りつぶしたり、模様を描いて可愛くデコレーションしましょう。

足の裏も作れるよ

また、手のひらだけじゃなく足の裏でも同じようにスタンプできます。
ぜひ可愛らしい赤ちゃんの手足でプラ板キーホルダーを作って、思い出に残してくださいね。
Share:
yoshiko