インテリア

庭に咲いているビオラの綺麗な押し花☆簡単な作り方で楽しもう♫

春が近づいてきて、庭は綺麗な花で賑わってきましたね。この季節に咲く可愛いビオラを押し花にしてみませんか? 材料も家にあるもので出来ちゃいますよ。 綺麗な花を綺麗なままいつまでも楽しみたい♫ 押し花にしたら雑貨やアクセサリーなどを作って楽しめます。 ぜひ、お試し下さい。

このハンドメイドに必要な材料

  • ビオラ(お好みで)
  • 段ボール(2枚)
  • ティッシュやキッチンペーパー(2枚)
  • 輪ゴム(2個)
  • 重石になるもの(1個)

このハンドメイドに必要な工具

  • ハサミ(1本)
  • レンジ(1台)
  • ピンセット(1本)

家にあるもので作れます

ビオラはお好きな数をお取り下さい。
水分の少なくなる晴れた10時から13時頃に、新しく咲いた花を摘むと綺麗に仕上がります。
ビオラの他にもパンジー.ポピー.アネモネ.タンポポ.桜.レンゲソウなど厚みが少なく水分の少ない花が押し花に向いています。

花を摘みます

①まず綺麗な花を茎から切ります。
②花びらをチェックしながら茎を短くします。
お好みで茎を付けたままでも出来ます。
茎や葉も一緒に付けて押し花絵にするのもオススメです。

花を並べます

③ ちょうど花が乗るくらいの大きさの段ボールにキッチンペーパーやティッシュを敷いて上に花を並べます。
花が重ならないように置いて下さい。

段ボールを乗せて

④花の上に再びティッシュを置き段ボールを乗せます。
2か所ほど輪ゴムでしっかり留めて下さい。

レンジに入れます

⑤段ボールの上にお皿などの重石を乗せて1分ほどチンします。

出来ました

⑥レンジから取り出して、粗熱が取れるまで冷まします。
レンジの時間ですが入れる花や数によっても変わりますので少しずつ確認しながら温めるようにしましょう。
平べったくなって乾燥したら完成です。
押し花の作り方は色々あって段ボールや電話帳などに挟んで重石をし、1週間ほど置くのが一般的ですが、最近では乾燥シートなども売られています。
それが面倒だったり、気軽に出来ないと思った方はレンジの方法がオススメです! 保存方法はティッシュなどの柔らかい紙に包んで、缶などに入れて湿気などから守って下さい。

キャンドルに

ボンドなどでキャンドルに付けて上からニスを塗りました。
他の花と組み合わせても綺麗ですね。
次のページを読む
1 2
Share:
morinobenchi