DIY

和風・北欧家具と相性抜群♪「鶴の折り紙」を使ったインテリアのDIYアイデア

鶴の折り紙を活用して、おしゃれなインテリアを手作りしませんか?折り紙1枚で簡単に折れる鶴は、手作りのハードルが低いので誰でも気軽に挑戦することができますよ。和室に飾る和風雑貨としてはもちろんのこと、温かみのある北欧家具との相性もバッチリです!子供といっしょに鶴を手作りしたあとに、子供部屋のインテリアにするのもおすすめですよ♪折り紙の鶴を使ったインテリアのDIYアイデアを厳選してご紹介します!

卓上に飾る置物に

鶴の折り紙も、使う折り紙の色や柄を精査するだけで大人っぽくおしゃれなインテリアになります。
茶色の木目が入った折り紙なら、まるで木で作られているような錯覚感があって面白いですよ♪ 北欧家具との相性もバツグンです!

糸で吊るそう♪

糸で吊るしてモビール風にアレンジ。
間隔が狭すぎると千羽鶴のようになってしまいますが、こんな風に隙間を空ければ軽やかでオシャレになります。

天井を飛んでいるみたい!

鶴を糸で通してつなげましょう。
天井や壁に渡すように飾れば、まるで天井を飛んでいるような鳥のインテリアの完成です!

造花のように挿してみよう

針金の先に鶴を取り付けて、造花のように飾り付けましょう。
よく見ると鶴の折り紙なところがユニークですよね♪ もちろん水やりなどの手入れが必要ないので、ラクチンです。

オーナメントにしよう

鶴をたくさん折って、ギュッとボールのように固めましょう。
大きなオーナメントやペンダントライトのように天井から吊るすととっても可愛いですよ♪

電球に閉じ込めてみよう

100円ショップに売っている電球型の収納アイテムの中に、鶴を閉じ込めてみましょう。
もちろん、切れてしまった電球をDIYして手作りすることもできますよ。
小さな鶴が中に入っている様子が可愛らしいですよね♪ ぜひ折り紙で鶴を手作りして、お部屋のインテリアに活用してくださいね。
Share:
yoshiko