DIY

手軽に小さな水族館◆水槽やガラス容器を使ったボトルアクアテラリウム◇

水族館も素敵ですが、今では水槽で観葉植物を楽しむアクアテラリウムが人気を集めています。大きな水槽が用意できないという方は、メイソンジャーなどの瓶を活用することもできますよ。お部屋にアクアテラリウムを置いて癒されてみませんか?

アクアテラリウムの世界観

自分好みの世界を水槽やガラス容器の中に創り出すことができるアクアテラリウム。
部屋の中に水槽のある暮らしを始めることで、心が安らぎ、癒しの空間を作り上げることができるのです。

生き物とアクアテラリウム

アクアテラリウムを始めるまえに、水草や熱帯魚は生き物であることを十分理解しておくようにしましょう。
毎日の簡単ケアさえ忘れなければ、小さなスペースだけでも楽しむことができます。

HOW TO

熱帯魚を入れる場合、7L程度の水槽がオススメです。
床材を使うときは、必ずよく洗ってから敷くようにしましょう。
そして、水は必ずカルキを抜いてから注ぎましょう。
水道水は塩素などが含まれ、熱帯魚を弱らせてしまう原因となってしまいます。
次に水草です。
綺麗な見栄えになるようカットし、ピンセットでソイルに押し込み植えていきます。
この水草が酸素を作りだしてくれる重要な役割となります。
パイロットフィッシュは水の立ち上げに必要なバクテリアを作ってくれる重要な魚。
まず袋に入れたまま水に1時間程度浮かべて温度を合わせます。
ゆっくりと口を開けて水を混ぜ合わせれば完成です。

おすすめの植物

①水草/マツモ・・・水中を漂う水の中に適応した植物。
水野中に入れておくだけでスクスク成長します。
②水草/ロタラ・・・CO2無添加でもスクスク育つため、初心者の方にお勧めの水草です。
③苔/ウィローモス・・・強い光を必要としないポイントが育てやすく、見た目の鮮やかさと美しさが人気です。
④浮草/アマゾンフロッグピット・・・丸い葉が可愛らしくて人気の植物。
強い日差しから水中植物を守ってくれます。
小さなサイズならドワーフフロッグピットもおすすめです。

ペットボトルアクアリウム

身近にあるペットボトルを使ったボトルアクアリウムDIYも人気です。
手軽に始められて、インテリアに癒しスポットを実現させてくれます。
水温に注意が必要ですが、観賞用として日光の当たらない場所に飾るようにしましょう。
コケに困ったときは、ミナミヌマエビをボトルに仲間入りさせましょう。
低価格で購入できてコケを食べてくれます。
夏場の高水温にだけ気を付ければ育てやすいエビです。

ワインボトルアクアリウム

クリアボトルには、カラーサンドや熱帯魚の素敵な鮮やかなカラーがよく似合います。
ボトルの中のソイルや石、水草や水に注意すれば、魚の出す二酸化炭素と、それを吸い酸素を作る水草で魚が生きていける空間になります。

ライトアクアテラリウム

なんと、電球を使ったアクアテラリウムDIYに挑戦する人も! コケを入れたりビー玉やビーズ、貝殻などを使ってみるのもオススメです。
ちょっとした目の保養として大人気。
次のページを読む
1 2
Share: