DIY

コンパクトにガーデニングを楽しもう♪綺麗なバラを咲かせるための誘引方法

新緑の季節になると艶やかな花を咲かせるバラは、ガーデニングに人気の品種です。大きなお庭がなくても、コンパクトにバラの花を楽しむことができるのをご存知でしょうか?専用の道具を揃えて、今からバラの花の育成に取りかかりましょう♪実はバラの株を植えるには、今の季節がちょうどいいとされています。お庭の一角や玄関先で鉢植えでも楽しめますよ。コンパクトなバラを上手に育てるための秘訣をまとめました。

バラの花をコンパクトに育てよう

ガーデニングの主役とも言えるバラの花を、自宅で育ててみませんか? 垣根のように大きなフェンスやアーチ状に咲いているイメージがありますが、自宅のお庭にコンパクトにバラを育てて楽しむこともできますよ。
初心者さんでも育てやすくキレイなピンク色の花を咲かせる品種「ダム・ドゥ・シュノンソー」をコンパクトに植えてみませんか?

①トレリスを設置する

トレリスと呼ばれるバラを誘引するための柵を用意しましょう。
お庭の土に植える場合は地面にグッと挿しこむと固定できます。
鉢植えの場合は、トレリス用のスタンドを使うと自立させられますよ。

②太くて長い枝から固定しよう

まずは、用意したダム・ドゥ・シュノンソーの太くて長い枝から先にガーデンソフトタイを使ってトレリスに固定していきます。
この時、枝と枝の間隔に十分な間隔が取れるように注意しましょう。
葉が茂ったときに、葉がかぶさり合い日光が充分に当たらなくなってしまうことがあります。
大体、手のひらを広げた程度の大きさの間隔を開けておきましょう。

③ほかの枝も同じように固定しよう

大きな枝を固定し終えたら、残った細めの枝も同じようにガーデンソフトタイで留めていきます。
枝をしっかりと広げて間隔を開けながら配置していきましょう。

④余分な枝をカットしよう

枝が多く間隔を開けられないようなら、枝の根元からカットして切り落としましょう。
誘引する枝以外の不要な枝は、このようにカットして量を整えていきます。

⑤完成!

枝をトレリスに固定して、このような姿になれば完成です! あとは水やりをしたりこまめに手入れをして、バラが成長するのを待つばかりです♪

キレイな花を咲かせよう♪

大苗を植えて3年ほど経つと、このように大きなピンク色の花を咲かせます。
5月、6月になるとキレイな花を咲かせるバラを、ぜひ自宅でコンパクトに育ててみてはいかがでしょうか?
Share:
takasho