DIY

イースターのお菓子入れにおすすめ♡紙袋でうさぎバッグをDIY!

2017年のイースターは4月16日。海外ではイースターの日になると、卵やうさぎの飾り付けをしたり、家族や子供たちとごちそうを食べたりします。チョコレートでできた卵型のお菓子を子供たちに配るなら、可愛いうさぎのデザインの紙袋に入れてあげると喜ばれますよ♪実は、紙袋をDIYして簡単に手作りできます!ぜひうさぎバッグを手作りして、イースターに配るお菓子をラッピングしましょう♪

うさぎバッグをDIYしよう

海外ではイースターの日になると、家やお庭にイースターエッグを隠して探すゲーム「エッグハント」をして子供たちと遊んだり、家族でごちそうを食べたりする風習があります。
イースターはもともとキリスト教の復活祭ですが、近年は日本でも身近なイベントになってきていますよね。
2017年のイースターは4月16日。
この日にはお部屋に卵やうさぎのモチーフの飾り付けをして楽しんだり、子供たちに卵の形をしたチョコレートをプレゼントしたりします。
子供にプレゼントするお菓子を、イースターらしい「うさぎバッグ」でラッピングしてあげましょう。

紙袋をはさみで切るだけ!

うさぎバッグは、紙袋で簡単に手作りできます。
作り方は、紙袋の口に三角形の切れ目を深めに入れるだけ。
たったこれだけで、うさぎの耳をかたどったラッピングができるんですよ♪

顔を描くと可愛い♡

切れ目を入れた部分をリボンで結び、ペンで顔を描けば、可愛いうさぎバッグのできあがり。
手間がかからないので、たくさん作ることができます。
イースター以外のラッピングでももちろん使えるので、覚えておくと便利ですよ。

模様をペイントするのもおすすめ!

無地の袋で少し寂しいときは、ドットなどの模様を描き加えてデコレーションしましょう。
おしゃれなラッピングなら、中に入っているお菓子の味がよりおいしく感じられるかもしれません。

布バッグも作れるよ

また、紙袋だけじゃなく布の袋でもうさぎバッグを作れます。
耳の部分を丸く切って整えてあげれば、丸みのある優しい耳がついたうさぎバッグになりますよ。

ぜひDIYしてみてね

可愛いうさぎバッグはDIY初心者さんでも簡単に手作りできます。
ぜひイースターにプレゼントするお菓子のラッピングに活用してくださいね。
Share:
yoshiko