DIY

初心者でも挑戦できる、チクチク生地に刺繍する「刺しこ」の手順

今大人気となっている刺し子。生地の補強などに用いられる方法で、貴重な布を大切に使おうという日本の伝統技法です。海外にもパッチワークキルトという似た手法がありますが、どちらも一針一針丁寧に作業して完成させる温もりを感じさせるアイテム。今回は、刺し子の作り方と初心者でも挑戦できる刺し子を使った雑貨など、その魅力をたっぷりお届けします!

刺し子ってどんなもの?

image by PIXTA / 13480868

藍染めの布にくっきりと白い糸で幾何学模様が浮かび上がる、独特の風合いをもつ刺し子。
日本の伝統的な刺繍の技法です。
柔道着や剣道着、作務衣などを想像すると分かるように、布の補強と保温性を高める効果があるとされています。
貴重だった布地を大切に使う昔の人の知恵が詰まった技法なんですね。
東北地方が有名で、日本三大刺し子と呼ばれる「こぎん刺し」「南部菱刺し」「庄内刺し子」は、それぞれ青森と山形が発祥とされています。

今、楽しめる刺し子

image by PIXTA / 33814718

昔は補強や保温性という実用性・機能性を兼ねていた刺子ですが、今はアートやクラフトとして楽しむ人が増えています。
ふきんはよく知られていますが、他にもコースターやクッションなどの雑貨、タペストリーやマットなどのインテリア、ヘアアクセサリーなども作ることができるんです。

初心者は簡単な刺し子キットから

初心者の方は、ネットショップや手芸用品店で販売されている刺し子キットを利用するのがおすすめ。
数々のメーカーがキットを作っていますので、まずは基本中の基本、刺し子のふきんから始めてみましょう。
木綿製の刺し子布・刺し子針がセットになっていて、図案は布地にプリントされていることがほとんどです。

説明書を見ながらチクチクするだけで初心者でも簡単。
初めての時は分かりづらいこともたくさんあるので、まずはキットで手軽にチャレンジしてみましょう。

本格的に刺し子に挑戦

刺し子キットで縫い方に慣れてきたら、いよいよキットの卒業です。
自由な図案で刺し子を作ってみましょう。
あらかじめ布に図案がプリントされていたキットと違い、図案を写しとるところからスタートになります。
やっぱり簡単なふきんやコースターから始めるのがおすすめ。

図案の種類について

刺し子には伝統的な図案のほか、無料の図案を公開しているホームページもあります。
古典的な和柄から人気の北欧風にアレンジされたものまで、幅広いデザインがあるので図案探しも楽しいですよ。
作りたいイメージ、ステッチの数や曲線の有無など、自分のレベルに合わせた図案をチョイスするようにしましょう。

刺し子の針と糸について

刺し子専用の針と糸を使用することをおすすめします。
普通の手芸針や刺繍糸でも作ることはできるのですが、小さな糸通しや細い糸を使っていると疲れが倍増してしまうことも…。

刺し子糸は、輪っかの結び目のある方をカットして1本ずつ抜き取って使っていきます。
長い糸で縫うと毛羽立ちやすくなってしまうので、面倒ですがこまめに糸を継ぎ足していくようにしましょう。
カラーも豊富なので糸選びも楽しい!

手順1 図案を写しとって仮縫い

必要な材料は、刺し子布、図案、チャコシート、チャコペン、大き目定規(布より大きいサイズがGOOD)です。
次の手順で図案を布に写しとっていきます。

1.布、チャコシート、図案の順に重ねて布と図案を動かないようにテープなどで固定する → 2.図案の線をチャコペンでなぞる → 3.図案を写しとったら表布と裏布を合わせて仮縫い

これで最初の準備は完了。
次のページを読む
1 2 3
Share: