DIY

レトロな形が新鮮で可愛い♪はぎれ布をつなげて丸クッションを手作り♡

家にあまっているはぎれ布をつなげて、どこか懐かしさを感じる丸クッションを手作りしてみませんか?細かいはぎれ布を縫い合わせて作るパイチャートのようなクッションは、模様や色が混在しているレトロな雰囲気がとっても可愛いですよ♪カフェ風のナチュラルなお部屋はもちろんのこと、和室のクッションとしても相性がいいのでインテリアとしてぜひ取り入れてみましょう。おしゃれな丸クッションの作り方をご紹介します!

レトロな丸クッションを手作りしよう

はぎれ布を縫い合わせて作るクッションは、レトロな雰囲気たっぷりのインテリアとして人気です。
その中でも、ベーシックな丸形のクッションはコロンとした形がとても可愛く、お部屋を柔らかく見せてくれます。
パイを切り分けたようなデザインの丸形クッションを、自宅にあまっているはぎれ布を使って手作りしてみましょう。

丸クッションの作り方

まず、はぎれ布をカットしたケーキの形に切り、縫い合わせて円を作ります。
表面と裏面の2枚を用意しましょう。
色や柄が混ざっているほうが、レトロな雰囲気がかもし出せるので生地をそろえなくてもOKですよ。

サイドをグルっと囲もう

縫い合わせた丸い生地の間にクッションを仕込み、側面をぐるっと細長い布で囲みます。
これで完成です!

中心にボタンをつけてへこませよう

丸の中心の部分にボタンをつけて、へこませるアイデアもあります。
こうすることで、座布団にしたときに座り心地が安定します。

同系色の生地でまとめるとおしゃれ♪

クッション作りに使う生地選びに悩むようでしたら、同系色の色が使われているはぎれ布を選ぶようにしましょう。
統一感のあるデザインになり、お部屋のインテリアのテーマカラーと合わせれば空間になじみやすくなるのでおすすめですよ。

小物も作れるよ

同じような作り方で、小物作りにも応用できます。
手芸に使う針山を作ったり、ぬいぐるみ用の小さなクッションにするのも可愛いですよ。
ぜひ家にあまっているはぎれ布を活用して、レトロな丸クッションを手作りしてみてはいかがでしょうか?
Share:
yoshiko