DIY

石鹸の彫刻ソープカービングって素敵♡見てるだけでもため息♪

繊細な細かいカットで石鹸に色々な模様を浮かび上がらせるソープカービング。 まさに石鹸の彫刻ですね。簡単な小物からため息が出るほどの細かい作品まで素敵な作品を紹介します。 動画で作り方の紹介もありますので、是非参考にして下さいね♪

頂きものの石鹸はありませんか?

手や靴を洗ったり、靴箱やクローゼットに入れて芳香剤の代わりに使ったりと役に立ってる固形石鹸。
でも最近は、ボディシャンプーが普及してからだいぶ出番が減ってきてしまいました。
頂きものの固形石鹸が眠っていませんか?

ソープカービング

今回は石鹸を使ったソープカービングを紹介します。
使うものは先の細いカービングナイフと石鹸だけ。
先が細ければナイフなども代用できます。
初めから細かい物は難しいので簡単なものからチャレンジしましょう。

簡単なハートから作りましょう

初めから難しい作品は大変です。
繊細な指の力の入れ方など練習が必要ですので、まずは簡単なもので練習しましょう。
ハートの大きさを紙に書いて切り取ります。
大体の大きさに切っておいた石鹸にハートを合わせて筋を入れます。
筋を目安にハートの形に少しずつカットします。
指先を切らないように気を付けましょう。
余裕があればリボンなども掘ってみましょう。
クマの形に付ける時は泡立てた石鹸の泡を、接着剤の代わりにします。
楊枝などで付けて少し揺らして落ち着かせて付けます。

いよいよバラに挑戦

バラが浮かび上がった素敵な作品ですね。
動画で指先の動きをチェックしましょう。
石鹸の中心に円を描いて掘っていきます。
中心から花びらを掘っていきます。
花びらと花びらの隙間に切り込みを入れてカットします。
少しずつ外側に広げて掘っていき、時々花びらを起こします。
葉を掘ります。
手を小刻みに揺らしながら葉が浮き出るようにカットします。
最後は周りをカットして完成。

バラが一杯

もう少し簡単に掘ったバラもあります。
沢山掘っても素敵ですね。

ブーケ

上手になったらこんなブーケはいかがですか? カービングナイフの使い方に練習とコツが必要ですが、1つ作ったらはまりそう。
ただの石鹸からバラの花が浮かび上がるなんて楽しいですね♪

カーネーション

ギザギザの掘り方で花びらを作ると、カーネーションになります。
花の下に少し穴を開けてワイヤーを差し込みフローラルテープを巻いたら花束も作れるんですね。
額に入れたらプレゼントにしても喜ばれそう♪
次のページを読む
1 2
Share:
morinobenchi