DIY

大切な人に枯れないお花を贈ろう♡可愛いペーパーブーケのDIYアイデア

出会いと別れの季節の春には、大切な人を送別することが多い時期でもあります。お世話になった人へ、紙で作ったペーパーブーケを贈ってあげませんか?生花を使ったブーケと違い、ペーパーブーケは枯れないので長い間保存しておくことができますよ。材料費も安いので、高いお花代でお財布を圧迫することもありません。お花ひとつひとつを心を込めて手作りしましょう。ペーパーブーケの作り方のアイデアをご紹介します。

紙のブーケをプレゼントしよう

お別れの多い春の季節は、花束を渡して大切な人を送り出すことが多くなります。
生花ではなく、お花のひとつひとつに心を込めて手作りした紙のブーケを贈ってみませんか?

薄紙を繊細に巻いてバラをDIY

薄いペーパーナプキンなどを花びらの形にカットし、緑色の針金の軸に一枚一枚巻いていきます。
すると、まるで本物のような可憐なバラが手作りできますよ。

クルクル巻くだけでお花が作れる♪

ペーパーナプキンに切れ目を入れ、クルクルと巻いて造花を手作りしましょう。
時短にお花が手作りできるので、ブーケをたくさん作りたいときや大きなブーケにしたいときにオススメのテクニックです。

ペーパーポンポンを使おう

薄い紙をジャバラに織り、広げてペーパーポンポンを手作りしましょう。
それを緑の針金の先に接着すれば、立派なお花に大変身しますよ。

リボンやビーズなどでまとめよう

手作りしたお花は、クレープのように巻いた紙でまとめてリボンなどを結んでまとめましょう。
お花のほかにビーズや枝なども混ぜると豪華に仕上がります。

ずっと保存しておけるよ

紙で作られたブーケは生花と違って枯れないので、保存しておくことができます。
花瓶などに飾って、インテリアに活用しましょう。
ぜひ紙で心を込めてブーケを手作りして、大切な人にプレゼントしてみてはいかがでしょうか?
Share:
yoshiko