DIY

新聞紙で織物にトライ!収納に便利な「ペーパーバスケット」を手作りしよ♪

読み終わったら古紙回収に出してしまう新聞紙を活用して、ペーパーバスケットを手作りしてみませんか?ポイポイ放り投げて片付けできるバスケットは、収納にとっても便利ですよね♪そんなバスケットを、自宅で気軽に織物をしてDIYできるんですよ♪完成したバスケットは、文字や色が細かく交差してオシャレ。ぜひDIYにチャレンジしてくださいね♪ペーパーバスケットの作り方をわかりやすい動画つきでご紹介します!

新聞紙でペーパーバスケットをDIY!

毎日読み終わったらたたんで、古紙回収に出してしまう新聞紙。
お掃除に使ったり、養生シート代わりに使ったりすることもありますが、大半はリサイクルに出すかゴミ箱に捨ててしまいます。
そんな新聞紙を活用して、おしゃれなバスケットを手作りしましょう。

特別な道具は必要なし♪

新聞紙で作るバスケットは、特別な道具は一切必要ありません。
手を使って織物をして、バスケットの形を作っていきます。
一見難しそうですが、一度織り方を覚えてしまえばとても単純で簡単ですよ。

新聞紙の織り方

新聞紙をハサミを使って切り分け、短冊形になるように折ります。
それをひとつひとつクロスさせながら引っ掛けていき、繋げていきます。
繋げて輪っかにしたものを重ねて、最後に斜めに細長い新聞紙を差し込んでバラバラにならないようにしたら完成です。

動画で手順を確認!

バスケットの織り方の手順は、こちらの動画で詳しく紹介されています。
こちらを見ながら作るとわかりやすいのでおすすめですよ。

クリップで留めるとラクチン♪

織りづらくなってきたときは、100円ショップで売っているクリップで、ところどころ留めながら作るとラクチンです。
もし接着剤を使う場合も、クリップを用意しておくと固定しておくのに便利ですよ。

ぜひ作ってみてね

小さなバスケットは卓上に置いておくと、文房具などのこまごまとしたアイテムの収納に便利。
大きいバスケットは子供のおもちゃ箱に使うアイデアもありますよ。
ぜひ新聞紙でペーパーバスケットを手作りして、お家の収納に役立ててくださいね。
Share:
yoshiko