インテリア

気分で着せ替えさせたい愛猫の首輪♪シュシュの要領でたくさん作ろう!

ペットショップやホームセンターには猫の首輪がたくさん売られていますが、ハンドメイド好きなら自分でいろいろ作ってあげたいもの。今回は猫に危険が少ないように作られているセーフティバックルを使って、おしゃれ用の首輪を作りました。猫の首輪はきついと苦しいし、緩すぎると猿ぐつわ状態になったりするので、ちょうどいいサイズで作ってあげたいですね。

このハンドメイドに必要な材料

  • お好きな生地
  • ゴムひも
  • リボン
  • セーフティバックル

このハンドメイドに必要な工具

  • はさみ
  • ミシン
  • 針と糸

材料をそろえましょう

ある一定の力が加わると外れるようになっている、猫に危険が少ないように作られているセーフティバックルは、ネットなどで安価で購入できます。

生地をカットします

筆者の猫は首周り20センチなので、+3センチの23センチにゴムを切りました。
さらに23センチを二倍して、46センチ×5センチに生地を切ります。
猫ちゃんのサイズによって調節してください。
首周り+3センチが適当です。

作り方

カットした生地を二つ折りし、ミシンで5ミリのところを縫います。
ミシンがなければ、手縫いでOKです。
生地を表に返し、ゴムを通します。
シュシュのように生地を寄せ、両端をしっかりと縫いゴムを留めます。
端の部分をセーフティバックルに通し、折りこんでまつり縫いします。

飾りつけです

リボンは100均のデニムリボン付きヘアゴムを解体して使用。
セーフティバックルにグルーガンでしっかりとつけます。

できあがり!

緩すぎずきつすぎず、ちょうどよく仕上がりました。
※今回は完全室内飼いの猫ちゃんを想定して作ったおしゃれ用の首輪になります。
外猫は木登りなどして首輪で中吊り状態になるなど、思わぬ事故につながりますので、首輪選びは慎重にしてあげてください。
Share:
yuu100555