DIY

レアな世界遺産ピラミッド「チチェン・イッツァ」ってどんなところ?

ピラミッドは、エジプトのイメージですが、メキシコにも世界遺産に指定されたピラミッドがあるんです。レアな世界遺産「ピラミッド」を見たいなら、「チチェン・イッツァ」がオススメ。『マヤ文明』のピラミッドで、ジャングルの奥地にあるので、レアなピラミッドです。『マヤ文明』は、マヤ暦のカレンダーや人類滅亡説などで注目を浴びたので、興味がある人は『マヤ文明』を勉強してから行くと、より楽しめますよ。

レアな世界遺産ピラミッド「チチェン・イッツァ」ってどんなところ?

深いジャングルを進んでいくと、『チチェン・イッツァ』があります。
ピラミッドや闘技場があるフィールドやホテルがあり、現地のマヤ住民が管理しています。
とても暑いので、日焼け止めと水分補給はしっかりしましょう。

どうやって行くの?

「チチェン・イッツァ」に行くには、事前に日本からツアーを予約していきましょう。
現地では、日本語ツアーの数があまりありません。

ホテルに到着したら?

ツアーバスで到着すると、リゾートホテルがあります。
ホテルで内では、カフェやレストランが楽しめます。
天気が変わりやすいので、晴れているならば、ピラミッドを見学を先にしてから、食事をしましょう。
ホテルから少し移動して、プラネタリウム式の解説ビデオを観ることができます(英語) ビデオが終わるとピラミッドに向かいます。
途中で、マヤ住民の住まいを見ることができます。
家の作りは南国風で、簡素なキッチンとハンモックがあります。
ハンモックで揺れながら眠るのは、蚊に刺されるのを防止するためだそうです。

ピラミッドの楽しみ方

ピラミッドは、4面違った表情をしているので、ゆっくり観察すると面白いですよ。
ピラミッド正面は、拍手をすると音がエコーする仕組みで、ツアー客で賑わっています。

散策が終わったら

本場メキシコで食べる「タコス」に挑戦しましょう。
その場で手焼きでタコスを作っているので、日本で食べるタコスと味が違いますよ。
焼きたては、トウモロコシの風味が強くて美味しいですよ。

マヤっぽい野菜?

タコスといえば、アボガド。
マヤエリアの、アボカドはこんなに大きい!味は、クリーミーで濃厚です。
タコスのお供にしましょう。

ジャンプする?

ツアーの内容によっては、自然にできたプールに飛び込むオプションもあるので、利用しましょう。
ピラミッド見学で熱くなった体を冷やしましょう。
次のページを読む
1 2
Share:
MrsAida