DIY

絶景!フランスの世界遺産「モンサンミッシェル」ってどんなところ?

海外旅行の人気の旅行先、フランス。パリも素敵な場所ですが、パリから少し足を伸ばして、世界遺産「モンサンミッシェル(Mont-Saint-Michel)」に行くのはどうでしょう?フランスに住んでいた筆者がこっそり教える、モンサンミッシェルの魅力を紹介します。フランス旅行に行くなら、必ず訪れたい場所!フランスに着いてからでも、日本語ツアーに申し込めるので、覚えておくと便利です。

モンサンミッシェル(Mont-Saint-Michel)って?

モン・サン・ミッシェル(Mont-Saint-Michel)は、島全体が修道院になっています。
潮の満ち引きで、景色が変わるので、とても神秘的で素敵な場所です。
潮が引いたら、歩いていけるツアーもあるんです。

どうやって行くの?

<個人で行く場合> レンヌ駅北口を出て右手すぐのバス乗り場から、モンサンミシェル行きのバスで約1時間20分。
ドル・ド・ブルターニュ駅 駅を出て右手すぐのバス乗り場から、モンサンミシェル行きのバスで約30分。
<ツアーで行く場合> 日本の旅行会社で手配してくるのが一番カンタンですが、パリには日本語の通じる旅行会社があるので、モンサンミシェル行きツアーの日程を確認しましょう。

修道院の中を歩こう♪

モンサンミッシェルは、大きな修道院になっています。
中に入る前に、軽食やカフェなどもありますが、早めの時間に修道院の中をお散歩することをオススメします。
写真撮影は自由なので、空いている午前中が狙い目です。

歩きやすい靴で

修道院の中は、暗いので歩きやすい靴と動きやすい服装がオススメです。
足元を照らす懐中電灯などもあると良いですよ。
修道院を散歩していると、小さな庭が所々にあるので、ベンチに座って、ゆっくり休みましょう。

監獄もある?

モンサンミッシェルは要塞の役割を果たしていた時代があるので、修道院の中に監獄もあります。
イギリスとフランスの百年戦争の歴史を勉強してから行くと、よりリアルに楽しめますよ。

絶景!

修道院の散策をして、頂上を目指しましょう。
お天気がいいと地平線と海がとてもキレイに見えるんです。

散策が終わったら?

モンサンミッシェル名物のふわふわオムレツを食べましょう。
ふわふわした食感が、癖になる味で観光客に大人気です。
もし、食べ忘れても、日本にありますよ。
ラ・メール・プラール http://www.la-mere-poulard.jp/
次のページを読む
1 2
Share:
MrsAida