DIY

集中出来る環境を作ろう♪子供の勉強部屋のインテリアコーディネートのコツ

春から進学する子供のために、勉強に集中できる子供部屋を作ってあげませんか?子供部屋のインテリアのなかでも、特に学習をするためのデスクまわりの配置や家具などに気をつけなくてはいけません。学習机ではない板をのせただけの簡易的な机でも、DIYすることによって子供部屋にぴったりのデスクになりますよ♪兄弟一緒の子供部屋のときの配置のコツや、子供部屋にかかせない収納アイテムなどをご紹介します!

おもちゃ箱に板をのせて簡易デスクに

おままごとをしたり人形遊びをしたり、興味を持ったものに集中して取り組む小さなお子さんには、横に広い机があると卓上にものを広げられます。
大きな机を買うよりも、天板をおもちゃの入った引き出しにのせる方が、成長したときに高さを変えられるなどのメリットがあります。

兄弟の机は引き出しで区切ろう

兄弟の子供には、同じ分だけのスペースを用意してあげることが鉄則です。
同じお部屋で机を2台置くと場所をとってしまうので、引き出して天板を2つに区切る方法がおすすめですよ。

背中合わせだと勉強に集中出来るよ

成長した子供は、テストや受験などの勉強に集中できる環境を作ってあげましょう。
兄弟が同じお部屋の場合、背中合わせになるように机を配置すれば集中力がアップします。

簡素な机は棚をファンシーにすればOK♪

板を活用した机は、どうしてもシンプルさが際立ってしまいます。
そんなときは、机に合わせる棚や引き出しを一工夫しましょう。
お家の形をしたサイドの壁が、子供部屋らしいファンシーさがたっぷりで可愛らしいですね。

デスク前には有孔ボードを立てよう

文房具や趣味のポストカード、時間割など、子供の机の前ににはたくさん収納できる壁があることが大事です。
有孔ボードを立てておけば、好きな場所に棚を作ったり、壁を傷つけることなく画びょうを打てるので賃貸マンション住まいの方にもおすすめのアイデア。

フックがたくさんあると便利!

子供はランドセルや習い事のバッグ、給食袋や上履き袋など、扱うカバン類がとても多いので、それをひっかけられるフックスペースを用意しましょう。
フック部分に棚を作れば、上に収納スペースも確保できますよ。
ぜひご紹介したコツを参考にしながら、勉強に集中できる子供部屋を作ってあげてくださいね。
Share:
yoshiko