DIY

アメリカのGoogle(グーグル)本社の中ってどうなってるの?

いつも気軽に使っているGoogle(グーグル)。いつも、活用しているけど、Googleのオフィスってどうなっているの?気になりますよね。個人的にGoogle本社(カルフォルニア・アメリカ)に行く機会があったので、思い出とともにレポートします。筆者が訪れた当時(2010年)に比べて、新しいオフィスもできているので、今とは変わっていますが、楽しい雰囲気は伝わると思います。

Googleってナニ?

Googleは、検索エンジン、クラウドコンピューティング、ソフトウェア、オンライン広告といったインターネット関連のサービスと製品を提供している会社です。
ネットで検索する「ググる」が有名ですが、スマホ『Android』もGoogleの開発製品です。

Googleっていつできたの?

Googleは、スタンフォード大学の博士課程にいたラリー・ペイジとセルゲイ・ブリンによって、1998年非公開の会社として設立されました。
まだ20年足らずの会社で急成長したのは、自由な社風によるものです。
そんな自由会社の中って?気になりますよね。
筆者が遊びに行った当時(2010年)のGoogle本社を思い出と一緒に紹介します。

街が全体的にGoogle色

Google本社があるマウンテンデュー(カルフォルニア・アメリカ)では、標識やサインもGoogle色に染まっています。
Googleマップで見かけるあのサインも街中で見ることができますよ。

Google本社の移動手段は自転車

Google本社は広いので、Google色の自転車に乗って、本社内を移動します。
写真は、筆者と友人。

スポーツフィールドもある

仕事中の休憩時間は、キッチリ決まっていないので、仕事中に集まって、テニスをしたり、バレーボールをして汗を流します。

プールもあります

NASAが開発した、宇宙飛行士が訓練するためのプールがあって、限られたスペースでも泳ぎ続けることができるんです。
次のページを読む
1 2
Share:
MrsAida