DIY

憧れのレザークラフトを始めてみよう!かんたんにできるブレス作り

レザークラフトを始めたいけど、なにから手を付けていいかわからない?そんなかたにぜひ作ってほしいブレスレットをご紹介します。レザークラフトの基本作業がぎゅっと凝縮されていて、しかも短時間で気軽に作れるのがこのブレスレット。どこからレザークラフトを始めたらいいのか迷っているかたは、一度チャレンジしてみてはいかがでしょうか?

レザーのブレスレット

文字入りのシルバープレートがついたブレスレット。
シルバープレートはネットなどで入手するか、プレートブレスレットを分解してパーツを使ってもいいでしょう。

準備するもの

*1.3cm幅(お好みで前後)のレザー *3mmのスエード紐 *レザー縫い用のロウ引き麻糸 *大きな穴のビーズ *シルバープレート *カッティングマット *ホビーナイフ *ホールパンチ

作り方

手首にほどよくフィットする長さを決めます。
しるしをつけ、ホビーナイフでカットします。
穴あけする位置を測定して、しるしをつけます。
2mmのパンチで、シルバープレートを留める糸穴を開けます。
4.5mmのパンチで、レザーの端にスエード紐を通す穴を開けます。
シルバープレートを穴の位置に麻糸で縫いとめます。
麻糸をしっかりと引き、ブレスレットの裏側で結び固定します。
手首のスエード紐を穴に通し、ビーズを通します。
ビーズをスライドさせて、手首を締めたり緩めたりできます。
次のページを読む
1 2
Share:
yuu100555