DIY

狭いワンルームが広くなる♪一人暮らしのインテリアをスッキリ見せるコツ

一人暮らしといえな、ワンルームや1Kなどに住むことが多いですよね。部屋ごとの仕切りがなく、ベッドや机など家具を置くだけで空間がいっぱいになってしまいます。ワンルームの部屋を上手に使うコツを知っていれば、お部屋を広く見せることができますよ。家具の大きさや色のほかに、ものの収納方法を覚えておきましょう。

①ロフトベッドを選ぶ

スペースを取ってしまうベッドは、ロフトベッドを選ぶとコンパクトに収められます。
ベッドの下で仕事や勉強ができるデスクタイプや、服を収納できるクローゼットタイプが人気です。

②家具で部屋を仕切る

収納棚やソファの背など、家具を利用してお部屋を仕切りましょう。
寝る場所、食べる場所、仕事をする場所など、スペースを目的事に区切ることで使い勝手がよくなり、関連する雑貨類などを配置する場所がハッキリします。

③低めの家具を選ぶ

背の高い家具は、どうしても空間に圧迫感を生んでしまいます。
狭いお部屋の床に置くなら、低めの家具を選択しましょう。
ローテーブルやローソファを配置すれば、天井が高く見え広さを感じられるようになります。

④色を統一する

家具や家電の色を統一させましょう。
特にもので溢れてしまうキッチンなどは、色を揃えるだけで一体感が生まれ、広々とした印象になります。

⑤ひとまとめに収納する

ボックスに入るものはボックスに入れ、入らないものは同じ種類を積み重ねて置きましょう。
ひとかたまりにすることで、視覚的にスッキリと見せられます。

⑥壁面を活用する

壁に棚を取り付けるなどして、できるだけ壁面収納を意識しましょう。
また、インテリアも卓上に置くとゴチャゴチャとして見えてしまうので、壁掛けして飾るといいでしょう。
インテリアコーディネートのコツを押さえて、ワンルームでの一人暮らしを楽しんでくださいね。
Share:
yoshiko