インテリア

洗剤なしでも綺麗に落ちる☆エコなアクリルたわしの簡単編み方

以前、アクリルたわしが流行ったことがありましたがやっぱりあると便利! 洗剤がなくても家じゅうの簡単な汚れが綺麗になっちゃう。 水とアクリルたわしで擦るだけ! 手にも優しいアクリルたわしですが、100均のアクリル毛糸で簡単に編めるんですよ。 可愛い色の毛糸で編んだらキッチンも明るくなりますね♪

このハンドメイドに必要な材料

  • 毛糸 アクリル100%(適量)
  • かぎ針(1本)

このハンドメイドに必要な工具

  • ハサミ(1本)

材料は100均でそろいます

お好きな毛糸を用意します。
アクリル100%のものを選んで下さい。
アクリルの繊維が油や汚れを落ちやすくしてくれるんですよ。
かぎ針も8〜10号のものが使いやすいと思います。
並太の毛糸を使用。

最初の編み目を作ります

①指に3回ほど絡めます。
(時計回り) ②そのままかぎ針を差し込みます。
③指に巻いた3本目をかぎ針の先を毛糸に絡めて、残りの2本を引きあげながら通します。
④外から毛糸をからめて今出来た輪に通します。
今度は内側の2本の中を通って絡めて引き寄せると、2つの輪が出来ます。
⑤今度は外側から毛糸を絡めて、輪を2つ一緒に通します。
これで1つ目の編み目が出来ました。
2つ目の編み目からは、中を通って2つの輪を作り外側から取って2つの輪を一緒にくぐらせていきます。
指から外して1つの輪の中心に6目作ります。

目を増やします

⑥™段目からは編み目の2本の所をすくっていきます。
編み方は同じ、絡めて2本通して2つの輪になったら外側から絡めて 2つの輪を一緒に通します。
その時、丸い形に編む時には目を増やす必要があります。
1つの目から同じ編み方で2回編んで次の編み目で1回編んでを繰り返します。
少し編んだら後ろにある毛糸を引っ張って中心を小さくします。
⑦4〜5段編んだら、2回、1回、1回に編み方を変えます。
あまり広がりすぎると波打ってくるからです。
文章で読んでると難しく感じますが、実際に編んでみると簡単ですよ。
私は7段編みました。

ぶら下げるところも作ります

⑧7段編んだらそのままくさり編みを15目作りました。
ぶら下げやすく輪にしたら目立たない裏で縛って他の編み目に絡ませて切ります。

茶渋を落としてみました

写真の上の茶渋ですが、水とアクリルたわしで擦るとクレンザーなしでも綺麗になりました。
食器以外にもお風呂場や洗面台なども綺麗になりますよ♪
次のページを読む
1 2
Share:
morinobenchi