DIY

着ないセーターを捨てずにリメイク!可愛い小物が作れるDIYアイデア7選

冬の季節も中盤から終わりにさしかかり、このまま着そうにない冬服がはっきりとしてきますよね。この冬着なかったセーターは捨てないで、リメイクして活用しませんか?毛糸のセーターは実はDIYに便利で、いろいろなアイテムを手作りすることができるのです。冬らしい温かみのあるインテリアから、普段の収納に使えるものまで。要らなくなったセーターをリメイクして、インテリアや雑貨をDIYしてください。

着なかったセーターをリメイクに使おう

この冬、まだ着ていないセーターがクローゼットに眠っていませんか? もうこのまま出番がなさそうなセーターをゴミとして捨てるよりも、リメイクして活用しましょう。

①手袋

セーターの裾の部分は、手袋のDIYに使えます。
手袋の形に切り、縫うだけなので簡単ですよ。
同じ要領でニット帽も作れます!

②クッションカバー

お腹や胸のあたりの広い生地の部分は、クッションカバーに使えます。
切り取って袋の形に縫うだけでOKなので、こちらもとても簡単に作れます。
ボタンのついているカーディガンタイプのものは、クッションの中身の出し入れに活躍してくれます。

③湯たんぽカバー

セーターの袖部分は、湯たんぽカバーになりますよ。
袖を切り落として袋の形になるように縫い合わせ、中に湯たんぽを入れられるようにしましょう。

④花瓶やペン立て

袖の部分は、円筒形のケースのカバーになります。
ペン立てや花瓶などのインテリアを、冬らしく衣替えしてあげましょう。

⑤キャンドルホルダー

シンプルなキャンドルホルダーにも、袖の部分でカバーをしてあげることで冬らしいキャンドルに演出できます。
今すぐマネできるくらい簡単ですよね♪

⑥小物入れ

袖の部分を活用してバケツ型にすれば、小さな小物入れになります。
裁縫道具などのこまごまとしたアイテムの収納に便利です。
次のページを読む
1 2
Share:
yoshiko