DIY

食パンのプラスチックタグが収納に便利!コード類をわかりやすく分別しよ♪

食パンの袋を留めるためについているプラスチックのタグを、普段捨ててしまっていませんか?実はこちらのプラスチックタグは、やっかいなコード類の収納に大活躍するんですよ♪コンセントにたくさん差さっているパソコンや家電のコード類にナンバリングできるので、不必要な電源プラグを抜きたいときに便利ですよ。たこ足回線の解消にもつながるので、安全に電気を使えます。ぜひマネしたい、家庭の裏技をご紹介します!

パンの留め具を活用しよう

パンの袋を留めるためのプラスチックタグは、ビニール袋の開け閉めがラクチンで、便利なアイテムです。
実はパンの袋の開け閉めだけではなく、他のことにも活用できるんですよ。

「クイックロック バッグ・クロージャー」という名前

パンの留め具の正式な名前は「クイックロック バッグ・クロージャー」。
アメリカで生まれ、特許が取得されている発明品です。
海外では通常、「Bread Clip」という名前で呼ばれています。

コンセントプラグの分別に使える!

実はパンの留め具は、お家の電源プラグを分別するのに便利なんですよ。
これならどのプラグがどの電化製品のものなのか、すぐに見分けがつきますね♪

どのコードか分かるように印をつけよう

パンの留め具には、マジックペンでどの電化製品のプラグなのかが分かりやすくなるように記入しておくのがおすすめです。
これでコードの先をたどってプラグを割り出す手間が省けます!

コードの途中をまとめられる

卓上から伸びるコードも、パンの留め具をクリップにしてひとまとめにすることができます。
まとめることで、コードまわりがスッキリとして見えますよ。

たこ足回線を整理しよう

たこ足回線など、どれがどの電化製品の電源プラグなのかが一目でわかりにくくなったものを整理整頓できます。
すぐにできる裏技なので、ぜひお家で試してくださいね。
Share:
yoshiko