DIY

毛糸をクルクル巻くだけ♡毛糸で作れる立体小物「ウールラップ」を始めよう

立体の小物を作るには、たいてい難しい技術や特別な道具が必要です。ですが、100円ショップに売っている毛糸を使って、簡単に手作りできる方法があるんですよ♪可愛くてモコモコとした「ウールラップ」は、海外では身近なDIYです。とても簡単に手作りできるので、クラフト初心者さんでも気軽にチャレンジできますよ。置物やオーナメントに使えるので、ぜひ作ってみてください。ウールラップの作り方をご紹介します。

「ウールラップ」に挑戦しよう!

モコモコした質感が可愛い立体の小物。
こちらは100円ショップの毛糸を活用して手作りできる「ウールラップ」という手法で作った小物です。
とても簡単なウールラップで、毛糸の小物を手作りしてみませんか?

発泡スチロールを型抜きして土台を作る!

発泡スチロールなどを切り抜いたものに、毛糸をグルグルと巻き付けるだけ。
型は型抜きを使うと同じ大きさの型がいくつも量産できて簡単です。
毛糸の先は、ピンセットなどを使って巻き付けた毛糸のなかに押し込みましょう。

モコモコしてて可愛い♡

たったの5分程度で、こんなに可愛いハートの立体を作ることができます! これを器に入れて飾れば、バレンタインデーのインテリアになりそうですね♪

吊るしてオーナメントにしよう

巻き付けた毛糸の先を切らずに長く残しておけば、オーナメントとして使えます。
このように壁や天井から吊るしてインテリアにして楽しみましょう♪

デコレーションでさらに可愛く!

さらにリボンやタグなどでデコレーションすれば、可愛くておしゃれなウールラップになります。
小さなウールラップを作って、キーホルダーのストラップにしたり、プレゼントのラッピングに活用する方法もありますよ。

竹串と組み合わせてもOK♪

加工がしやすい発泡スチロールは、簡単に竹串を貫通させることができます。
その特性を生かして、キューピットの矢を作ることもできちゃうんですよ。

インテリアにしてみよう

簡単にフワフワモコモコの立体小物が作れるウールラップは、編み物で残った毛糸を活用して作れます。
女の子らしいお部屋のインテリアにぴったりです。
ぜひ家にあまった毛糸があったら、ウールラップの小物作りにチャレンジしてくださいね。
Share:
yoshiko