インテリア

とっても簡単リメイク☆プラスチックのスプーンで作るフラワーライト♪

100均で売ってるプラスチックスプーンは、お弁当の時や子供たちのお誕生会など使い捨て出来てとっても便利! 一袋に何本も入ってるのでついつい残りがちです。 今回は、ちょっと変わったリメイク法を紹介します。材料も100均で揃えられますし、グルーガンで付けるだけの簡単なライトです。 お部屋のインテリアにもなりますよ♪ 是非作ってみて下さいね。

このハンドメイドに必要な材料

  • ガラス空き瓶(1個)
  • LDEライト(1個)
  • 造花(適量)
  • プラスチックスプーン(適量)

このハンドメイドに必要な工具

  • グルーガン(1本)
  • グルースティック(適量)
  • 硬いものが切れるハサミ(1本)

材料をそろえよう

空き瓶はLDEライトが入る大きさであまり大きくない方がスプーンが少なくて済みます。
今回は100均のバラではないのですが造花を使います。
スプーンの大きさから小さすぎないような花を選んで下さいね。
バラ以外でも雰囲気が変わって素敵に出来ますよ。

初めはスプーンを切ります

スプーンの首の所と取っ手を、硬いものが切れるハサミで切り離します。
硬いので途中で割れる可能性があります。
両端から少しずつ切り込みを入れた方が失敗が少ないと思います。
ガラス瓶の大きさで必要なスプーンの量が変わりますので、先ず合わせてみて数を調整して下さい。

花びら

造花は接着してありますので接着剤をはがす液を付けるか、ゆっくり丁寧にはがします。
真ん中は少し取っておいて周りから使います。

スプーンに付けます

スプーンよりも少し花びらを上に出してグルーガンで付けます。
下は花びらがなくても重ねるのであまりに気になりません。
なるべく大きめの花びらを選びましょう。

ビンに付けます

小ぶりの花びらを先にビンよりも上に出して付けます。
この時、LDEライトが後から入れられるように、狭くしすぎないように気を付けましょう。
下に行くほど大きめの花を付けます。
2段ほど付けたら1番下はスプーンではなく花びらだけ隙間を埋めるように付けます。
私はついていたガクもビンの底から花びらに付けました。

ライトを付けてみました

いよいよ完成したら、ライトを付けてみます。
チョット幻想的な優しい光が見えて素敵です。
夜にライトを付けて食事やお酒など頂いたら雰囲気ありますね♪

使わない時

ライトを使わない時は、残っているバラのつぼみの部分などをふんわり乗せるとライトと分からなくなります。
次のページを読む
1 2
Share:
morinobenchi