DIY

編み物初心者でも簡単★アームニッティングの楽しみ方教えます☆

編み物って、「時間がかかる」「不器用だと出来なさそう」と、始める前から諦めてしまっている人こそ必見です!アームニッティングはとっても簡単にお店に並ぶようなハイクオリティデザインのアイテムが作れるおすすめ技♪北欧インテリアに似合うオシャレアイテムとしても、SNSで今話題を集めています。今回はそんな大注目アームニッティングの魅力に迫ります!

アームニッティングって?

アームニッティングは、その名の通り腕で編み物をすること。
棒も何も使わず、両腕を使って自分の腕と毛糸だけで作品を作ります。
ざっくりふんわりとした見た目の編み物で、柔らかくあたたかい雰囲気を演出してくれるアイテムを作ることができるんです♡

毛糸選び

アームニッティングに使う毛糸は太目がおすすめです。
細いものしか見つけられない…という場合は、2重3重にして太くするのもGOOD。
ふわふわモコモコの心地よい編みやすい毛糸は、WOOL100%やメリノウールの超極太を使ったタイプのアームニッティング。
この極太感がインテリアに似合う素敵な作品に生まれ変わります。

基本の編み方

作り始めから1段目を編んでいくやり方を丁寧に動画でご紹介。
そして、2段目への移り方もゆっくりとご覧いただけます。
そして最後の毛糸のとめかたまでをじっくり目を通してみてくださいね。
こちらはブランケットなどを作る時に編む基本的な編み方です。

細い糸を2重にする編み方

超極太ウールは高価だったり、日本ではまだ簡単には手に入れられない現状も。
そこで、100円ショップなどでも販売されている細めウールの毛糸などを使って編む方法をご紹介いたします。
細くなればなるほど、出来上がりまでの時間はかかりますが、マフラーやショールを作ったり、リースなどの雑貨を作るなら丁度良いかもしれませんね♪

置き編みの方法

自分の腕で編んでいくやり方としては変わりませんが、こちらの動画は腕にかけず並べていくタイプの編み方です。
そのため広いスペースが必要となります。
ダイニングテーブルの上やリビングフロアで広々と楽しみましょう。
これなら、大判のブランケットにも挑戦できそうですね♪また、網目もしっかりとしていて美しい仕上がりになります◎

ブランケット

ブランケットは何枚あっても嬉しいアイテム。
リビングにも、ダイニングにも、寝室にも、キッズルームにも…どの部屋でも大活躍してくれる優しい使い心地のブランケット。
アームニッティングなら簡単にオリジナルが作れます。
家族や友だちへのプレゼントにもいかがでしょうか♡

クッションカバー

ショール、マフラー、ラグの他、クッションカバーとしてもインテリアのオシャレ感をグンと引き上げてくれる存在に♡編み方を工夫すればより高度で面白い作品にも挑戦できます。
猫ちゃんやワンちゃんも、気持ち良すぎてアームニッティングアイテムのそばから離れなくなっちゃう心地よさ♡
次のページを読む
1 2
Share: