DIY

お正月のおせち料理の引き立て役になる!品のある「祝い鶴」箸置きの作り方

お正月といえば、家族や親戚が集まっておせち料理を食べる習慣があります。お正月らしいテーブルコーディネートをするには、箸置きを工夫するのが一番!100円ショップの折り紙を使って、ほとんどお金をかけずにオシャレなテーブルコーディネートをしましょう。折り紙を使って縁起のいい「祝い鶴」の箸置きを作れば、テーブルが華やかになるのでおすすめです。折り紙を使った鶴の箸置きの作り方をご紹介します。

おせちにぴったりの「鶴の箸置き」を作ろう

鶴といえば、もっとも日本らしい鳥と言われ縁起がいいとされています。
年賀状のデザインにもよく使われることの多い鶴のモチーフは、お正月には特にうってつけのモチーフです。
おせち料理を彩るツルの箸置きを、100円ショップの折り紙で手作りしましょう。

①三角に折って開く

まず、正方形の折り紙を三角になるように2回折り、折り目をつけます。
三角に折った線をガイドにして、広げながら小さな正方形を作ります。

②縦長になるように広げる

正方形になったら、一番ペラペラする角を頂点にし、ダイヤ形に なるように広げながら折ります。

③反対側は広げず折り込む

裏返したら、今度は縦に広げないようにサイドを折り込みます。

爪楊枝などを使おう

つまようじなど細い道具を使って、キレイに広げるのがコツです。

④頭の部分を折る

折り紙の端を折り返し、頭と尾を作ります。
次のページを読む
1 2
Share:
yoshiko