DIY

デンマークの生んだ名作椅子。60年間愛されている「セブンチェア」の魅力

食事をするときや、本を読むとき、ちょっと一息つくためにお茶をするとき、家族団らんするときや勉強するときなど、毎日のように座る椅子。日々の暮らしに寄り添う家具である椅子は、長く愛されてきた名作椅子を選んでみませんか?デンマークの建築家、アルネ・ヤコブセンのデザインした「セブンチェア」は、国や時代を超えて世界中の人々に長く愛されているチェアです。お家や会社にも自然にとけ込む名作椅子をご紹介します。

毎日使う椅子は良いものを

リラックスタイムや勉強、仕事時など、椅子は生活に欠かせないアイテムですよね。
身体を預けることになる椅子は、いいものを選ぶことが重要です。
1955年にデンマークで生まれて以来、今でも世界中で長く愛されている「セブンチェア」は、どんな場所でも使える名作椅子。
その「セブンチェア」の魅力についてご紹介します。

アルネ・ヤコブセンの「セブンチェア」

セブンチェアは、1955年、デンマークの建築家Arne Jacobsen (アルネ・ヤコブセン)によってデザインされました。
当時は画期的だった背と座が一体になった曲面のセブンチェアは、使いやすさと優れたデザイン性により瞬く間に世界中に広まりました。

生活空間に

シンプルな形のセブンチェアは、色柄が豊富にそろっています。
プライウッドで作られた木目の美しい椅子は、リビングルームなどの生活空間に自然にとけ込みます。

オフィスにも

楽に座れる椅子なので、オフィスのミーティングスペースやちょっとした仕事場にもぴったり。
シンプルなのでオフィスの知的な雰囲気を損ないません。

スタッキングできる

最大12脚までスタッキングできるので、使わないときは重ねられ省スペース。
座面と座面のあいだに少しだけ空間があり、椅子の表面を傷つけないように設計されています。

ゆるやかなカーブが座りやすい!

左右にまるみを帯びた背もたれが広がり、背中をすっぽりと包んでくれます。
適度にリラックスできるので、勉強机に合わせて使うことができますよ。

長く使えるシンプルな椅子

家庭やオフィス、商業スペースなどに広く使われているセブンチェアは、シンプルなデザインの中に細やかな気遣いの利いた椅子です。
もし長く使う椅子をお探しなら、セブンチェアを選んでみてはいかがでしょうか?
Share:
yoshiko