DIY

2017年のカレンダー決めた?マネしたいユニークなカレンダーデザイン★

イベントが次々と終わり、今年ももう年末となりました。2017年のはじめの準備として、1年をまた新たに共に過ごすカレンダー。1日1日とライフスタイルに寄り添ってくれる大切なアイテムですよね。是非、今年はDIYしてオリジナルの素敵なカレンダーを作成してみませんか♪マネしたくなるユニークなカレンダーデザインをたっぷりご紹介いたします♡

クリップボードカレンダー

毎月のカレンダー、毎週のプランナーなど、手書きで書かれたハイクオリティデザインのカレンダー。
これを、大き目のクリップと透明ファイルが付いたボードに入れて挟めば、どこのお部屋にもおしゃれに飾れる魅力的なカレンダーの完成です。
ビンテージライクなアンティーク感を出したクリップをチョイスするのがポイント。
この方法で台所の食卓のリストを作るのもオススメです。
マグネット付きの冷蔵庫に貼れるタイプのメニュープランナーとしてもGOOD。

12面体デスクカレンダー

卓上にピッタリなおすすめの3D多目的12面体の卓上カレンダー。
手書きでも印刷でもOK。
切り取った形を折り紙のように折り、貼り付け組み立てます。
詳細は動画でご確認ください◎2枚を上手く組み合わせれば完成です。
モノトーンでもカラフルでも、好みの色をチョイスして♪片手だけですぐに1年を確認できるので、電話中でもバッチリです。

1年表示カレンダー

この新しいカレンダーデザインはとても珍しいタイプ。
2017年全体の概観を提供します。
それぞれ7日間の52行に分かれていて、毎月異なる色が与えられて見やすいデザインとなっています。
4×1.5cmの執筆スペースもあり、毎日の予定管理も可能です。
調和のとれたパステルカラーと革新的なレイアウトで、あらゆる壁に高品質で魅力的なデザインエレメント♪

アクリルボードカレンダー

アクリルシートは分厚く硬いので、穴をあけるのにも工具が必要です。
安全メガネを使用したり、アクリルシートを平らな面に固定できるスペース確保なども必要となります。
デザインは、シールを使ったりマスキングテープを使ってカラフルにデコレーションするのもおすすめです。
この他、サインスタンドマーカーなどを使って手書きを楽しむのもオリジナル感があって◎。
シルエット転写紙を使って正確に簡単に書き写すのもGOODです。

スタンプカレンダー

紙にはもちろん、テキスタイルに押してウォールカレンダーとしてオシャレに飾るのがおすすめです♡好みのテキスタイルと紐、枝または流木などを集めたら、あとはスタンプを押すだけ。
好みのサイズのスタンプが無いときは、消しゴムスタンプを作っちゃいましょう♪消しゴムスタンプもとっても簡単に作成できてオリジナルを楽しめます。

マントルピースカレンダー

マントルピースは、海外のお家によくある建てつけ暖炉の周りにある飾り付けのこと。
日本ではまだあまりみかけない暖炉ですが、マントルピースカレンダーの特徴はアコーディオンのような長めのデザイン。
1年を通して見渡せるデザインが魅力的です。
1つの絵本を開いたような、物語調のデザインも素敵です。

ブラックボードウォールカレンダー

TO DOリストが見やすく確認しやすいブラックボードのウォールカレンダーも人気です。
大きな黒板シート1枚にマス目を付けてカレンダーとして書き上げてみてください。
また、シールタイプの黒板シートをマス目で切り取って、画像のように張り付けていくのも素敵な仕上がりが期待できます♡動画では、黒板シートを1枚貼り付けてフレームで飾るタイプの作り方をご紹介しています。
付箋を貼ったりマステでデコレーションしたり、アルファベットオーナメントをプラスしたりと、アレンジも自由自在に楽しめます♪
次のページを読む
1 2
Share: