インテリア

オレンジの皮でキャンドル作ってみない?優しい光とオレンジの香り♪

キャンドルって色々売ってるけど自分でも作れるって知ってる? それも、フルーツを使って! 作り方はとっても簡単。オレンジを食べた後、ぜひ挑戦してみてください♪ 部屋中に広がるオレンジの香りと優しい光のソイキャンドル。 ゆったりと過ごしたい夜にピッタリです♪

このハンドメイドに必要な材料

  • オレンジ(1個)
  • キャンドルの素(適量)
  • 紙コップ(1個)
  • 割りばし(1膳)
  • タコ糸(1本)

このハンドメイドに必要な工具

  • ナイフ(1本)
  • ナベ(1個)
  • ハサミ(1本)
  • キリ(1本)

材料をそろえよう

キャンドルの素は今回ソイキャンドルの素を使いました。
ソイキャンドルは大豆の油からとれて、燃やすとマイナスイオンが発生し空気中を綺麗にしてくれると言われています。
小さいお子さんやペットのいるお家におすすめです。
ソイキャンドルのほかに、パラフィンキャンドルや、ミツバチの巣から取れる蜜蝋などがあります。
もちろん100均のキャンドルでもOK! パラフィンや蜜蝋は溶ける温度が高いのですが、ソイキャンドルは40度くらいで溶けるので、万が一垂らしてしまっても掃除が楽ですよ。
お子さんと作る場合はやけどに注意して下さいね。
軍手などがあると安心です。

まずはオレンジのくり抜き

半分に切ってナイフで中身をくり抜きます。
ふたを付ける場合はお好きな形を切り取って、わきにキリで穴を開けると良いでしょう。
オレンジのいい香り…♪ そのまま少し乾燥させます。

いよいよキャンドル作りです

紙コップに入れたキャンドルの素を小さいナベに置きます。
この時、水が多すぎるとコップが倒れてしまうので少な目でOK。
火にかけてゆっくり混ぜながら溶けるを待ちます。
キャンドル用の金具が付いた芯も売っていますが、気楽に作る場合はタコ糸で作れます。
少し重しを付けた方が芯が立ちますので、画鋲やクリップなどに付けます。

オレンジに流し込みます

割りばしに芯をはさんで真ん中になるように置いて、ゆっくりキャンドル液を流し込みます。

完成

そのまま固まるまで待ちます。
白く固まったら完成です。
芯は長めにしてあるので、ちょうど良い長さに切ります。
次のページを読む
1 2
Share:
morinobenchi