DIY

身近なもので代用できる!ケーキのデコレーションに便利な絞り袋をDIY♪

クリスマスや誕生日パーティーのときに食べる特別なお菓子といえば、ケーキ。ホイップクリームで豪華に彩られたケーキをみんなで切り分けて食べれば幸せな気持ちになりますよね♪ですが、お菓子作りに欠かせないホイップクリームを絞り出すための袋が切れてしまったなんてことはありませんか?そんな時は、日常的に使うあるものを使って絞り袋をDIYすることができるんですよ♪知っておくと便利なので、ぜひ覚えておきましょう。

ケーキにデコレーションするホイップクリームの絞り袋をDIY!

クリームで豪華にデコレーションされたケーキは、特別な日のお祝いやパーティーで出される特別なスイーツです。
お家でケーキ作りをするときに、材料は買ったけれどホイップクリームを絞り出す絞り袋を買い忘れてしまったことはありませんか? 実は、お家にある「あるもの」を使って絞り袋をDIYできるんですよ。

「ラップ」を活用しよう

使うものは、キッチンアイテムの必需品である「ラップ」。
大抵のお家にストックしてあるラップを使って作れるので、うっかり買い忘れたときも安心です。

ラップを使った絞り袋の作り方

こちらの動画を参照しながら、絞り袋の部分を手作りしてみましょう。
コツは要りますがとても簡単なので、ゆっくりトライしてみてくださいね。

口金の部分も作れる!

クリームをキレイに絞り出すためには、袋の先端についているギザギザの口金も重要です。
こちらの口金も、身近なものを使って作れます。

ラップの刃やクリアファイルを活用しよう

口金には、先ほど使ったラップの刃を使い回しましょう。
ニッパーなどを使いながらクルンと丸めれば簡単に口金になります。
アルミの空き缶やクリアファイルを刃がギザギザになったハサミで切る方法でも手作りできますよ。

クリーム形のお菓子作りもできる!

ケーキの飾り付けのほかに、絞ったかたちをしたメレンゲのお菓子作りや、クリームチーズの絞り出しにも使えますよ。
絞り袋は、アイデア次第でいろいろなお菓子作りに活用できます!

知っておくと便利だよ

絞り袋を買い忘れたときや売り切れになっていたときに便利なDIYです。
これからのパーティーの季節に知っておくと便利なので、ぜひ覚えておいてくださいね。
Share:
yoshiko