DIY

破れたストッキングの活用術!「シルクスクリーン」で洋服リメイクしよう♡

1回履いただけでも、すぐに破れて履けなくなってしまうことも多い薄手のストッキング。買ったばかりなのに、もう捨ててしまうなんてもったいない!実は、お洋服やファブリックのリメイクに活用できるんですよ♪100円ショップの刺繍枠と組み合わせて、自宅で簡単に「シルクスクリーン」が楽しめるんです!模様を転写できるシルクスクリーンプリントは、お手軽リメイクに最適。誰でもできるほど簡単なので、挑戦してくださいね。

シルクスクリーンプリントって可愛い♡

ファブリックに重ねられた色とりどりの版。
「シルクスクリーンプリント」は、絵柄の抜かれた版に絵の具を薄く伸ばすことで印刷する技法です。
シルクスクリーンの施されたファブリックは、単純な色と絵柄の構成がとってもセンスがあって可愛いですよね♪

破れたストッキングや100均の刺繍枠でできる!

実はシルクスクリーンプリントは、身近なものを使って自宅で簡単にできるんです! 必要なものは、100円ショップで売っているものばかり。
・破れたストッキング ・刺繍枠 ・木工用ボンド ・布用絵の具 ・筆 ・スキージー(ゴムベラのようなもの)

木工用ボンドで目地を埋めていくだけ

まず、版のデザインをします。
要らない薄手のストッキングを刺繍枠に張り、ペンなどで絵柄の輪郭線を描きます。
プリントしたい絵柄の外側の部分に木工用ボンドを薄く塗って、ストッキングの目地を埋めていきます。

布用絵の具で刷ってみよう

ボンドが乾いたら、もうプリントができます! 刺繍枠をファブリックにぴったりとくっつけ、動かないように注意しながら布用絵の具を版の上に置きます。
そして、スキージーと呼ばれるゴムベラでギュッと絵の具を版の目地の隙間に押し込むように伸ばします。

こんな感じで転写できる♪

絵の具を伸ばせたら刺繍枠を持ち上げて版が刷れているか確認してみましょう。
版がキチンと布に転写できるか、余り布で試してみてください。

オリジナルグッズが簡単に作れる♪

シルクスクリーンプリントは同じ版を使ったデザインのファブリックを簡単に量産することができます。
TシャツリメイクやクッションカバーのDIYにぴったりの技法です♪

100均アイテムだけでできるよ

薄手のストッキングも、刺繍枠も、布用絵の具も、木工用ボンドもみんな100円ショップで手に入る素材ばかり。
たったの数百円でオリジナルのファブリックアイテムを作る事が出来るので、ぜひ自宅でシルクスクリーンプリントにチャレンジしてみてくださいね♪
Share:
yoshiko