DIY

とっても美味しそうなパック♫食べ物で作ってお肌しっとり!

お店で色々なパックを売っていますね。でも、お肌のお手入れしたいけど買うと高いし、何だか面倒・・・ でも、大丈夫! もっと手軽に作れちゃう方法があるんですよ。 お家にあるものですぐに作れる、とっておきのパック作ってみませんか? 美味しそうなパックぜひお試し下さい。

食べるものでパックが作れちゃうって知ってる?

寒くなって、気がつくとお肌がカサカサ。
しっとりとした綺麗なお肌になりたいけど、なかなかエステに行くのも大変。
化粧品コーナーで高いパック買うのも悩んじゃう。
そんな方にぴったりの方法です。
なんと、冷蔵庫にあるものでパックが作れるんですよ。

基本のパックの作り方

<用意するもの> ・小麦粉 小さじ2 ・はちみつ 大さじ半分 ・プレーンヨーグルト 大さじ2 小麦粉の代わりにクレイ(粘土)で作るのもオススメです。
毛穴の汚れが落ちやすいですよ。

作り方は簡単

<作り方> ・ ヨーグルトをキッチンペーパーやコーヒーフィルターで水を切ります。

とっても滑らかなパック

・材料のヨーグルト・はちみつ・小麦粉を合わせて混ぜるだけ <使い方> ・目などを避けて顔に塗り10分くらい置いたら洗い流し、ローションと乳液などでお肌を整えて下さい。
手や足などなどにも使えますよ♫ 保存方法は冷蔵庫に入れて、その日のうちに使い切りましょう。
週に1回を目安にお使い下さい。
・注意 肌に合わない場合は使用を中止してよく洗い流して下さいね。
アレルギーのある方も注意して下さい。

パックの材料色々

紅茶や緑茶の葉も使えます。
パウダー状にしてから小麦粉に混ぜて、好みの硬さに水で伸ばしてよく練って使います。

卵はメレンゲにして

卵白を泡立ててメレンゲにしてから、5分から10分肌に乗せて洗い流して下さい。

その他の材料

・ジャガイモはすりおろして少しずつ小麦粉に混ぜます。
・リンゴも同じようにすりおろして使います。
・トマトも細かくすり潰して使います。
 刺激が少しあるのでシートの上から使うのがオススメです。
他にもすりゴマ、米のとぎ汁など色々あるんですよ。
次のページを読む
1 2
Share:
morinobenchi