インテリア

100均素材で出来ちゃう。段ボールと竹串と毛糸で作ったライトハウス♪

雪の積もる雰囲気の三角屋根のハウス。これは段ボールと竹串に毛糸を絡めて作るちょっと変わったライトボックスです。 夜にライトを付けるとうっすらと見える明りに癒されます。 すべて100均で買えますので気軽に作れますよ。 玄関に置くと可愛いです。ぜひ、作ってみて下さい。

このハンドメイドに必要な材料

  • 段ボール Φ8㎝(1~2枚)
  • 竹串(25本)
  • 毛糸(適量)
  • コップ(1個)
  • フェルト(1枚)
  • LEDライト(1個)

このハンドメイドに必要な工具

  • ハサミ(1本)
  • ボンド(1個)

材料をそろえよう

段ボールはΦ8㎝に切ります。
厚みがある方が良いのですがない場合は2枚重ねます。

ライトハウスの作り方

① 円に切った段ボールに竹串やキリで25か所穴を開ける。
  *奇数にするのがポイント ② 穴に竹串を刺していく。
  
③ 毛糸の始めは玉結びにしてから竹串に挿す。

いよいよ毛糸を絡めます

④ 1段目は竹串1本ずつ前・後ろと順番に毛糸を入れる。
⑤ 2段目は今度は反対に後ろ・前と入れる。
奇数なので自然とそうなるので、上まで繰り返す。
分かりやすいように太い毛糸でやってみた。

同じくらいの大きさのコップを入れるとやりやすい

⑥ 竹串がグラグラしてしまうのでコップを入れる。

屋根とライトの用意

⑦ Φ14㎝の円に切ったフェルトに切り込みを入れて、コップの大きさに合わせてボンドで貼り三角屋根を作る。
⑧ コップにライトを入れる。

完成

所々に指で毛糸をずらして隙間を開けると、ライトの光がこぼれて綺麗ですよ♪ ガラスはライトの熱が心配なので、安全のために入れました。
次のページを読む
1 2
Share:
morinobenchi