DIY

海外パーティーグッズの定番品♡ピニャータの遊び方と作り方

海外のパーティーでは大定番のピニャータってご存知ですか?作り方も簡単で、子どもと一緒のパーティーには絶対オススメの盛り上がるアイテムなんです☆アイデア次第でさまざまな形を楽しめて、ちょっぴり過激だけど、子どもも大人も楽しめるイベントに。ピニャータを作成して、いつものパーティーをもっともっと盛り上げてみませんか?

ピニャータって?

ピニャータとは、日本で言うくす玉のようなアイテムのこと。
新聞紙や段ボールを使って好きな形を作り箱型にしたもので、中にはたくさんのお菓子を詰めておきます。
海外では、パーティーの時このピニャータを上から吊るし、1人に目隠しをして棒をもたせます。
目隠しをするとなかなか難しいので、何人かの子どもにも順番にして楽しませることができます。
この箱が上手く割れると、中から大量のお菓子が飛び出すという仕組みです♪

新聞紙を使ったHOW TO

準備するものは、新聞紙、風船、ペイントするスプレー、のり、コップ、筆、ハサミ、吊るす用のリボン、クレープ紙です。
クレープ紙はラッピングの時によく使われる紙のことで、この他折り紙や和紙など、100円ショップで揃えられるアイテムで代用もOKです♪コップにのり水液をつくり、膨らませた風船に細かく分けた新聞紙を貼り付けます。
この時、しっかりのりを絡ませることに注意してください。
乾かすとパリパリになるようべったりつけるのがオススメです。

段ボールを使ったHOW TO

準備するものは、ダンボール、テープ、カッター、クレープペーパー、のり、マジックです。
好きな形を型取り、立体的にテープでつなぎ合わせていきます。
クレープペーパーに切り込みを入れて、のりで貼り付けていきます。
段ボールなら、作業はこれで完成です。
新聞紙で作るよりも強度が増すので、動画のように窓を作っておくのがオススメポイントです♪

アレンジ集『誕生日』

何歳を迎えたのか、年齢の数字で作ったピニャータも思い出に残るインパクトのある作品に♡誕生日らしいデザインで、パーティーを楽しめるアイテムとして最適です。
いつものお祝いシーンもパッと華やかなイベントを加えてより楽しいムードで盛り上がります。

アレンジ集『記念日』

大人から大人へのサプライズイベントとしても喜ばれるピニャータ。
結婚記念日やプロポーズにも!?中に入っているのはきっとお菓子ではなさそうですね♡日本の照れ屋な男性でも、これなら楽しいイベントと共に素敵なプレゼントを贈れそう♪

アレンジ集『ベビーシャワー』

海外では習慣である、妊婦さんのためのお祝いイベント。
出産頑張ってねとエールを送る集まりで、ここでもピニャータで楽しみましょう☆ここでの注意は妊婦さんだということ!激しい動きをさせないためにも、くすだまのように簡単に開くタイプがオススメです。
中には皆からのメッセージや写真を入れておくと喜ばれます♡

アレンジ集『結婚式』

結婚式の披露宴や二次会などで、花嫁がピニャータを盛り上げて、中からプチギフトが出てくるというのも面白みがあり楽しめます♡目隠しをして頑張る花嫁を上手くエスコートする花婿の腕前も見ることができ、ファーストバイトならぬ2人の仲の良い姿が見られてHAPPYをお裾分けできちゃいます♪
次のページを読む
1 2
Share: