DIY

少しの手間で本格的な味になる♡自宅でおいしくコーヒーを淹れる方法

コーヒーといえば、朝起きたときに飲んだり、ランチ後やおやつの時間のブレイクタイムに飲んだりする気分転換に欠かせない飲み物。お店で淹れたようにおいしいコーヒーを、自宅でも楽しみましょう。いくつかのコツをふまえれば、本格的なコーヒーを簡単に淹れられるんですよ。選ぶ道具によって好みの味に調節することもできるので、お気に入りの味のコーヒーを楽しむことができます。おいしくコーヒーを淹れる方法をご紹介します。

自宅でも本格的なコーヒーを飲みたい!

image by PIXTA / 29984926

温かい飲み物の中でも、最も愛されているもののひとつにコーヒーがあります。
コーヒー豆を挽いた粉から苦みや酸味を抽出して淹れるコーヒーは、朝起き抜けの頭をスッキリと目覚めさせたり、甘いお菓子と合わせてブレイクタイムに飲むなど、毎日の生活を少しだけ贅沢にさせてくれます。
お店で淹れるような本格的なコーヒーを自宅で味わえたら、もっとコーヒーを飲む時間が充実したものになりますよ。

コーヒー豆は飲む直前に挽こう

image by PIXTA / 28937340

コーヒーの粉をストックしておくよりも、飲む直前にコーヒーミルを使ってコーヒー豆を粉末状に挽くとおいしいコーヒーになります。
コーヒー豆は風味を閉じ込めておくカプセルのような役目を果たしており、挽いた瞬間に香りが広がります。
挽いてから期間を置きすぎると新鮮みがなくなってしまうので、豆を買ってストックして置くのがいいでしょう。

コーヒーフィルターの形によって味が変わる!?

image by PIXTA / 8985977

コーヒーをペーパードリップするときに使うコーヒーフィルターに、形の種類があるのをご存知でしょうか? 台形と円錐形の2種類の形があり、台形は深煎りのコーヒー、円錐形は浅煎りのコーヒーに使い分けるといいと言われています。
形によってしずくが落ちる速度が変わるので、早く落ちる円錐形は酸味を残したい浅煎りに適しているんですよ。

酸味・苦みによって温度を調整しよう

image by PIXTA / 19135228

さらに、コーヒーを淹れるお湯の温度にもこだわりましょう。
深煎りは、85~88度、浅煎りは90~93度くらいのお湯にすると、それぞれの豆の苦みや香りを引き出してくれます。

コーヒーの保存方法

image by PIXTA / 29060139

コーヒーの保存方法は、豆と粉によって違います。
豆はお部屋に出して常温で密封保存し、粉の場合はジップロックなどの密閉容器に入れて、冷蔵庫で冷やして保存します。
それぞれの場合dめお1ヶ月〜2ヶ月程度が保存期間の目安です。

本格コーヒーを楽しもう♪

image by PIXTA / 28937655

自分好みの本格的なコーヒーは、酸味や苦みによって使う道具やお湯の温度を変えるとおいしく淹れられます。
さらに新鮮さを保つための保存方法や、コーヒーミルで豆を挽いてみるといったコツを取り入れていくことでさらに風味のあるコーヒーになるんですよ。
ぜひ自宅で本格的なコーヒーを淹れるときの参考にしてくださいね。
Share:
yoshiko