DIY

実は簡単にDIYできる!はぎれ布を刺繍するだけ♡「アップリケ」の作り方

洋服や帽子などのファッションアイテムだけじゃなく、クッションといったファブリックインテリアにもペタンとつけて可愛くアレンジすることができるアップリケ。市販のものもありますが、手作りなら思い通りの柄や大きさのアップリケが手に入りますよ♪一見難しそうに思えるアップリケ作りですが、実はとても簡単に手作りできるんです!

ファブリックのリメイクに便利な「アップリケ」

アップリケは、ファブリックアイテムにペタンとつけてアレンジすることができる便利なグッズです。
おしゃれなだけでなく、汚れや破れを覆って隠すことができるので、特に洋服を傷つけてしまいがちなお子さんのお洋服の直しに使うことが多いですよね。
シンプルなシャツの胸元や襟元にくっつけると、世界にひとつしかないお洋服が簡単に作れます。
しかし、丁度いい大きさで思った通りのデザインのアップリケを探し出すのは思ったよりも大変です。

「アップリケ」は手作りできる!

実は、アップリケは自宅で簡単に手作りできるんですよ♪ はぎれ布に刺繍するだけでいいので、簡単なお裁縫の技法を知っていれば誰でも簡単にDIYできます!

はぎれ布に下書きしよう

まず、土台となるはぎれ布や麻布にアップリケのデザインを下書きします。
刺繍枠を使って刺繍するならば、枠より小さいサイズですと刺繍しやすいですよ。

布を重ねたり刺繍を施そう

次に、下書きに沿って刺繍していきましょう。
手縫いでもミシンでも好きな方でOKです。
布を重ねたり、糸で表情をつけたりしながら自分らしいデザインを作りましょう。

切り取れば完成!

刺繍が完了したら、下書きした形の輪郭に沿ってハサミで切り取ります。
これでアップリケの完成です!

ファブリックアイテムに縫い付けて使おう♪

完成したアップリケは、縫い付けたり布用ボンドを使って接着して使います。
また、熱でくっつく専用の布が売っているので、それを土台となる布の一番下の層に使えばアイロンで接着もできますよ。
次のページを読む
1 2
Share:
yoshiko