DIY

洋服にも似合うかんざしが人気!気軽にオシャレを楽しもう♪

着物の時に髪を綺麗に引き立てるかんざし。洋服の時にも付けると素敵って知ってましたか? 最近、アクセサリー売り場にシュシュなどと一緒にかんざしが多く置かれるようになりました♪ 洋服にも似合う素敵なかんざしや使い方を紹介します。

歴史のあるかんざし

簪(かんざし)とは、女性が長い髪をまとめる時に使う髪飾りの事です。
歴史は古く縄文時代からあったと言われています。
今でもよく使われる絹の布を折りたたんで作ったつまみ細工のかんざしは江戸時代に流行ったそうです。
最近では1本で長い髪をまとめられる気軽さや便利さからまた見直されてきました。

今風にアレンジされたかんざし

シンプルでクリスマス用にも使えそう。
ドライフラワーやラメを入れてUVレジン加工して作ったかんざし。
キラキラして綺麗ですね。
かんざしって気が付かないほど自然ですね。
今の時期にピッタリです。
折鶴の付いたちょっと和風のかんざしです。
動くたびにシャラシャラと動いて素敵!
こちらもシンプルで洋服にも着物にも合いそうです。
長い髪がちょっと邪魔な時にクルッとまとめてくれますね。

唐草ビーズを使ったかんざしの作り方

<準備するもの> 唐草ビーズ・花のチャーム・丸カン・9ピン・チェーン6㎝×9本 かんざしのくし・平ヤットコ・丸ヤットコ・ニッパー <作り方> ① 9ピンに唐草ビーズを通し、先を丸めたものを1つ作る。
② 丸カンにチェーン6㎝を3本まとめて通しタッセルにする。
③ 9ピンの下側にチェーンタッセル3個をまとめて付ける。
④ かんざしのカンと丸カンでつなげる。
⑤ 最後にかんざしのカンに花のチャームを付けて完成。
次のページを読む
1 2
Share:
morinobenchi