DIY

エコで暖かいゆたんぽを使おう!カバーもDIYすると楽しいよ!

ゆたんぽ使っていますか?体をじんわりと温めてくれるゆたんぽはエコの観点からも使っている人が増えています。最近ではいろんな素材、サイズのものが販売されていて、100均でも手に入るようになってきました。お湯を入れるだけという手軽さはもちろん、カバーを自分で作ったりして楽しんでいる人もいますよ!

ゆたんぽが人気あるって知ってる?

お湯を入れるだけで長く体を温めてくれるゆたんぽ。
電気毛布や電気アンカなどを使っている人もいますが、朝、目が冷めたら、喉を傷めてしまったなんて経験をしたことがある人もいるのではないでしょうか? ゆたんぽは時間と共にゆっくりと温度が下がっていくので、体にも優しいですし、電気を使わないエコなアイテムとして、人気が出ています!

100均でもゆたんぽが販売しているよ!

ダイソーではこんなにカワイイゆたんぽが販売されているんですって! 小さいものや取っ手があるものなど色々種類があるんですね!

ペットがゆたんぽから離れない…

ゆたんぽの心地よさは、動物たちにも分かるみたい! ゆたんぽを置いたら、離れないなんてことも結構あるみたいですよ!

せっかくだからもっと可愛くしたい!

ゆたんぽはお湯を入れたまま使うとあまりにも熱いので、カバーを使うのが基本。
そのカバーを工夫してゆたんぽを可愛くしている人がいるんです! 写真は毛糸でかぎ編みしたものなんだとか。
毛糸なので、より暖かさが長持ちしそうですね!

不器用だから…

不器用さんは湯たんぽカバーなんて作れない…と思っているかもしれませんが、そんなことはありません。
写真は販売している物ですが、DIYも以外に簡単。
厚手のファブリックでゆたんぽが入る巾着を作れば良いんです! 薄手のファブリックだとゆたんぽの熱さが肌に伝わりやすくてやけどしてしまう可能性もあるので、キルト生地やフリース生地などを使うのもオススメです。
無理に丸みを帯びさせる必要はありません。
四角い巾着を作る!と思えば、チャレンジできそうな気がしませんか?

パッチワーク風もカワイイ!

裁縫が好きな人は、パッチワーク風のゆたんぽカバーはいかがでしょう? オシャレですね!

セーターをリメイクしている人も!

着なくなったセーターをゆたんぽカバーにリメイクしている人も。
本当に無駄がないです!
次のページを読む
1 2
Share:
yukota